デジサート社証明書再発行したけどIISにインストールできない件

お客さんから「さくらインターネットからSSLの証明書を再発行しろってメールが来たけどやっておいて。」と連絡があった。デジサート社(旧シマンテック社)が発行したSSLサーバー証明書を、Chromeで失効されてしまうので再発行しなければいけないそうだ。

デジサート社証明書再発行対応について

転送されてきたメールに書いてあったさくらインターネットの指示通りにサーバー証明書を取得の手続きを行う。しかし、発行ステータスが手続中のままで一日経っても進まない。さくらインターネットのサポートに問い合わせると、認証ファイルを再度アップしなければいけないそうだ。説明書をよく読んでいなかったし(どこかに書いてあるかわからない)のが大きな敗因だった。サポートからは「認証できていないから。」の一言だったのはやさしくないサポートだった。認証ファイルを設定しなけれいけないなんて、とんと忘れていたので(更新の一年に一回しか作業しないし)、認証ファイルをアップし直すということまで、たどり着くまで時間がかかった。最初はIPアドレスの許可かファイヤウォールの設定かと思った。

無事に認証されてサーバー証明書をダウンロードできるようなった。今度はWindows ServerのIISにイントールしようとしたらできなかった。IISの「証明書要求の完了」でインポートしようとしたところ、問題なくインポートできてサーバー証明書一覧に表示されるのがが、他のページに遷移したり更新をすると一覧から消えてしまい、バインド設定ができなかった。

再度、さくらインターネットに問い合わせたところ、自分のところのサーバーではないからサポートできないと回答されてしまう。その回答メールの中に

今回の証明書再発行はGoogle とデジサート社との不仲が原因であり、
ChromeやFirefoxなどで、ある期間にデジサート(シマンテック)から発行された
証明書をエラー扱いにするというものでございます

と書かれているので、何だか会社同士の勝手なふざけた理由で、こちらが作業しなければいけないようだった。これに関しては、さくらインターネットのサポートには、「ふざけんな。」と返送しておく。

このトラブルの件を調べたところ、同じ現象が報告されている。

IIS7でSSL証明書がインストールできない

このような現象が発生したら、そのままIISでは証明書を入れられない。OpenSSLのコマンドで.pfxファイルを作ってからインポートしてあげないといけないようだ。面倒くさそう。

今回のサイトはブラウザでアクセスするようなサイトではないしテストサイトみたいなものだから、これからどうしようか考える。他社のSSL証明書にしたほうが速いし安いかな。

「完全に保護されていません」と警告された

ずっと無償で面倒を見ているサイトがあって、そろそろSSLに対応してあげないといけないと思い立って実施する。もちろん無償。

さくらインターネットのレンタルサーバー上でWordPressを使って動かしているので設定は簡単。あっという間に設定は完了。しかしながら

「このサイトへの接続は完全には保護されていません

となる。テーマに埋め込んだSNSのリンクがHTTPになっていたので、面倒だからリンクを削除する。

Chromeでアクセスすると、相変わらず

「このサイトへの接続は完全には保護されていません

となる。EdgeやFirefoxでは問題なく暗号化されているなっている。

ChromeでF12を押して開発者ツールを動かすと、コンソールでHTTPでアクセスしているところがある。よく見てみるとCSSの背景画像の指定だった。相対アドレスで画像ファイルをしているのでおかしいと思って、もっとよく見ているとCSSファイルをキャッシュしていた。そういえば、CSSとかJavaScriptのファイルをキャッシュするWordPressのプラグインを入れていた。プラグインの機能でキャッシュを削除する。

今度はChromeで無事に

「この接続は保護されています。」

となった。これで作業完了。

危ないダウンロードボタン

WinSCPをアップデートしようとしてダウンロードのページに行ってダウンロードボタンを押したら、ESETから警告が出た。そのダウンロードボタンは、WinSCPではなくてGoogleの広告のバナーだった。ちょうどよいところにボタンが配置されていた。あぶないあぶない。

ESETが教えてくれなかったら・・・・。

Embedded Link

WinSCP :: Official Site :: Download
Open source freeware SFTP, SCP and FTP client for Windows.

無言電話が2月に一度かかってくる

無言電話が2月に一度かかってくる。同じ番号でこれで7回目。

携帯電話のESETの着信拒否で電話が切れるようになる設定にしてあるけど、その前に切れる。何か確認されているのかな?

下のサイトのコメントでも無言電話らしい。もしかしたら、営業マンが電話をかけた実績をでっち上げているだけなのかな?

コメントには会社名が載っているけど、この会社は別の番号で電話がきている。断っているけど、何回も電話されている。今回の無言電話はその会社かどうか確証がないから放っておく。

https://www.telnavi.jp/phone/0344007330

人間ドックに初めて行ってきた

人間ドックに初めて行ってきた。割引き優待券があるから行ってみろ、というツレの命令で行くことになった。

準備が大変。まずは三回の検便が必要。持病の投薬のせいで胃腸の動きを落として便秘になっているので、いろいろ調整しながら三回採取した。

初めて人間ドックに行ったけど、まるでホテルみたいだった。リクライニングチェアをあてがわれるし、昼食は松花堂弁当だったし(後述の麻酔のせいで何を食べたか夢心地だったから何だかわからなかったけど)。

今回は胃カメラを飲んだ。こちらは二回目。麻酔をしてもらったので、胃カメラを入れているときは全く覚えていない。本当によく麻酔が効く人。まあ、胃カメラ入れながら、自分の胃の中を見るのもイヤだけど。

予想通りの持病の結果は置いといて、その他の結果としては食道と胃の間にポリープらしきものが見つかったそうだ。こちらは生体検査をやったので(寝ていたので覚えていない)3週間後に詳しい結果が出るとのこと。お医者からの所見では、まずは大丈夫そうとのこと。以前に逆流性食道炎と診断されたしな。ただし、医者からは胃がんのリスクは高くなるから気を付けろ、って脅されたけど。

今回の人間ドックは、毎月の血液検査と、年一回の横浜市のがん検診をやっていれば大丈夫のようだった。次にどのように治療するかのアドバイスはなかったのは残念。

 

新しくThinkPadを買った

ずっと前から買う買うと言っていたノートPCをようやく購入。買ったのはレノボのThinkPad X1 Carbon。ちょうどレノボの四半期の決算セールだったので、もう勢いで注文。セールといっても、その後も安くなっていたようなので、もうセールスメールは無視している。いまだにいろいろなところのサイトの広告バナーは、これでもかとThinkPadが表示されるけど・・。

注文してから10日で発送。ようやく届いた。とても時間がかかるのね。届くまでのモチベーションが下がるわ。まあ、少しばかりカスタマイズしたので仕方ないけど。

今回の注文は16GBとWQHDのモデルにカスタマイズ追加は、Window10 Proに替えてSIMで携帯ネットワークで接続できるようにWANを追加した。最初の目標の重量1Kgは、多少オーバーしてしまった。また持って歩くとMacBookのように腰が痛めるかな。あと、256GBのSSDが若干心許ないけど、程堀が醒めたら大きいものに交換するかな。

しかしながら、パッケージには相変わらずコストをかけているのね。こちらとしてはどうせ開封する最初の一回しか関係ないので(ないとは思うけど故障したときの返送くらいかな)、そんなにパッケージにコストをかけなくてもいいと思うわ。アクセサリーの入っている箱はおしゃれかもしれないけど、意外と薄くて取り出すときに破けたので、これは残念だと思った。

Windows10 Proのアップデートとアプリケーションをインストールしてようやく使えるまでに設定した。Windows10 の設定は、何もしない代わりに時間はかかる。

ThinkPad X1 Carbonの2018年バージョンから入るSIMカードはマイクロではなくnanoになっていたのは予定外だったので、SIMカードを追加購入する。今回は何も考えずに今使っているOCNモバイルONEのSIMカードを追加する。SIMカードのWANの設定が最初うまく行かなかったのは後で話そう。

初めて、レノボというかThinkPadを買ったけど、これからどうなることやら。今まで2台続けてパナソニックのレッツノートを買って、MacBook Proにしたけど、やはりWindowのほうが私は楽。

 

全日本不動産協会に電話してみたけど

全日本不動産協会の個人情報の苦情・相談窓口に電話したら、別の窓口を紹介された。その窓口は何回電話をしてもつながらない。

電話番号でどこの組織か調べたら、東京都不動産協会の不動産相談だった。ここに電話しても役に立たなさそう。

以上で個人データを削除してもらえそうにはないということで、本件終了。

Reshared post from +Mune Ando

連絡先を提示していないおかしな不動産会社

今日も不動産会社からセールス電話があった。

いつものごとく登記簿から電話したとかいうし、「本当にどこから電話したの?」と尋ねたら「リストから。」と答えたまま突然電話を切られた。個人の電話ではなくて会社の電話番号に電話してくれているので、以前書いたように登記簿の住所と会社の電話番号を変にマッチングされた名簿が巷に出回っているようなので、そのまま個人データを削除してもらおうかと思ったのに。

その会社のフリーダイヤルではなない(Google+で0800は携帯電話番号ではないことを教えてもらった)電話窓口を調べようと思い、最初に聞いていた会社名でその不動産会社のサイトを検索した。しかし、サイトにはどういう訳か連絡先の窓口となる電話番号が載っていなかった。会社の代表者の腕組みしている写真はあるけど、もちろん個人データの利用目的の通知と公表なんてやっていないし。お問い合わせフォームはあるけど、こちらのデータを入力したくないから連絡したくないしな。

とりあえずサイトに宅地建物取引業の番号があったので、国土交通省のサイトから調べると所属している団体が全日本不動産協会だった。こちらに連絡しようとしたら17:00が過ぎていたのでつながらなかった。明日連絡してみよう。

しつこい勧誘にご注意!08001233489からの着信は不動産売買の営業です | 消費者金融のことなら

連絡先を提示していないおかしな不動産会社

今日も不動産会社からセールス電話があった。

いつものごとく登記簿から電話したとかいうし、「本当にどこから電話したの?」と尋ねたら「リストから。」と答えたまま突然電話を切られた。個人の電話ではなくて会社の電話番号に電話してくれているので、以前書いたように登記簿の住所と会社の電話番号を変にマッチングされた名簿が巷に出回っているようなので、そのまま個人データを削除してもらおうかと思ったのに。

その会社のフリーダイヤルではなない(Google+で0800は携帯電話番号ではないことを教えてもらった)電話窓口を調べようと思い、最初に聞いていた会社名でその不動産会社のサイトを検索した。しかし、サイトにはどういう訳か連絡先の窓口となる電話番号が載っていなかった。会社の代表者の腕組みしている写真はあるけど、もちろん個人データの利用目的の通知と公表なんてやっていないし。お問い合わせフォームはあるけど、こちらのデータを入力したくないから連絡したくないしな。

とりあえずサイトに宅地建物取引業の番号があったので、国土交通省のサイトから調べると所属している団体が全日本不動産協会だった。こちらに連絡しようとしたら17:00が過ぎていたのでつながらなかった。明日連絡してみよう。

しつこい勧誘にご注意!08001233489からの着信は不動産売買の営業です | 消費者金融のことなら

混合栓修理その後

混合栓のハンドル根元から水漏れする件のその後

https://plus.google.com/+MuneAndo/posts/Qd5rHh9eGsX

水道屋さんの師匠が休日にもかかわらずやってきた。おそらくこれで大丈夫だろうと、来た途中で買ってきた水栓用品の部品。合わせてみるとピッタリだった。

片方だけを取り替えると見た目が悪いし、どうせパッキンが劣化しているだろうということで、温水両方のハンドルを交換してもらう。ついでに水が出てくる自在パイプの根元のパッキンも交換する。これは予防措置。

そのときの交換のポイントとしては、パッキンが潰れてしまわないように締め付けないことだった。

次回自分で対応できるように、水栓部品のパッケージの写真を残しておく。

予想外の水栓の部品が出てきたので

入居者の方からシャワーを出すと、蛇口の下から水漏れすると言われて見に行った。水道屋さんの師匠にいろいろ修理方法を聞いていているので、自分で修理できると思った。

まずは水道の元栓を止めて、混合栓のハンドルを外す。カバーナットを外してスピンドルを抜く。すると予想外の形のスピンドルが出てきた。上の六角ナットが固定されているのでパッキンが外れない。

仕方ないので師匠に相談。電話では説明しきれないので、スピンドルの写真をメールで送る。

師匠によると、これは古いタイプのもので今は扱っていないとのこと。もしかしたら、交換できるかわからないと言われた。とりあえず明日修理に行くので、対応はそのとき考えましょうということになった。とりあえず元に戻した。

最悪、水栓ごと交換かもな・・・。

In album 2018/06/09