TP-Linkのスマートスイッチを導入する。

長時間稼働したままだとアクセスできなくなるNET GEARのスイッチングハブに代わりに、バッファローのスイッチを入れ替えたのですが、ファンがうるさいというクレームがツレから入りましたので、新しいスイッチングハブを導入します。導入したのは、TP-LinkのTL-SG1016DEという16ポートのスイッチングハブです。TP-Linkは今まで無線LANのアクセスポイントを買ったことがありますので何とかなりそうです。

アマゾンに夕方に注文して午前中に到着しました。アマゾンはさすがに速いです。しかしながら、海外メーカーといってもVLAN可能なスイッチングハブも安くなったものです。この値段ではハブ機能だけでも国産メーカーでは買えません。もちろんファンレスなので静かです。ただし、16ポートのスイッチングハブですので図体はとても大きいです。バッファロー、NET GEARと16ポートのスイッチングハブを買ってきましたが、TP-Linkのこのスイッチングハブが一番大きくなりました。

VLANとかポートミラー、QoS、簡単な管理機能が付いてきます。今のところスイッチングハブしか使う予定がありませんので、各機能は無効にしています。デフォルトの設定はVLANなどの機能は無効になっていますので、そのままだと単純なスイッチングハブとなります。今回はスイッチングハブの機能しか使わないと言っても、とりあえずはIPアドレスくらいは設定していきます。

まずは、IPアドレスを振ります。192.168.0.1がデフォルトらしいので、現在のLANのサブネットのIPアドレスに振り直します。マニュアルではhttp://192.168.0.1/にアクセスしろと書いてありますが、このままではアクスできないので、以下のTP-Linkのサポートサイトから管理ユーティリティ(Easy Smart Configuration Utility)をダウンロードして(付属のCD-ROMにも入っているらしいけど)LAN上のTL-SG1016DEを検出させてしまいます。

http://www.tp-link.com/jp/download/TL-SG1016DE.html#Easy_Smart_Configuration_Utility

Easy Smart Configuration Utilityを起動するとLAN上のTP-Linkのスマートスイッチ一覧が表示されますので(TL-SG1016DE一つしか表示されないけど)、ログインアイコンをクリックして管理画面にアクセスします。デフォルトのID/パスワードはadmin/adminでした。マニュアルのどこかに書いてあるようですけど、見つからなかったので適当に入れたら当たりました。パスワードも後で変えておきましょう。

IPアドレスを設定してしまえば、Easy Smart Configuration Utilityを使わなくても、Webブラウザで http://設定したIPアドレス/ で管理画面にアクセスできます。いずれにしても、どちらでも日本語化されていないので英語のままです。ネットワークに関する簡単な英語ですから日本語ではなくても問題ないでしょう。

ついでにファームウェアアップデートもしてしまいます。以下のサポートサイトからV3のファームウェア(公開日: 2017-05-30)をダウンロードします。スイッチングハブの裏面のシールを確認したらV3で大丈夫のようでした。

http://www.tp-link.com/jp/download/TL-SG1016DE.html#Firmware

ファームウェアのアップデートはEasy Smart Configuration Utilityで行います(Webブラウザの設定画面でもできますが)。こちらはダウンロードしたファイルを指定してアップデートしてしまうだけです。意外と時間がかかり、まさか失敗したかもしれない不安を押させながらアップデートを完了するのを待ちます。


TP-Linkのスイッチングハブはファームウェアをアップデートすると、設定を全部クリアしてしまうようです。IPアドレスの設定は残してくれるのでまだマシですが、いろいろ設定した後のファームウェアアップデートは注意した方がよさそうです。設定をファイルに出力することができますので、必ずアップデート前に設定ファイルを出力しておきましょう。

以上でスイッチングハブの機能しか使っていないので設定は完了です。これから正常に再起動させなくても長期間放っておいて動くかを検証していきます。時間があったら(目的があったら)、VLAN、QoSとかリンクアグリゲーションを試していきましょう。

 

050plusからぷららフォンで着信できるが通話ができなくなった。解決

050plusからぷららフォンでぷららフォンで着信できるが通話できなくなってしまった。しかも、050plusからの音声は聞こえるが、反対は聞こえない。片方向の通話しかできない。

これは心当たりがある。インターネットに接続しているヤマハのRTX810のデフォルトゲートウェイの設定を変えた。接続はぷららとIIJの2つのセッションがあるため、ローカルPCからインターネットへはぷらら経由、後はスタティックルーティングでIIJにルーティングしている。

ip route default gateway pp 2 filter 500001 gateway pp 1
ip filter 500001 pass 192.168.XXX.0/24 * * * web

今回はLANからHTTPだけをぷららにルーティングしていたため、ぷららフォンに接続できなかったのが原因のようだ。SIP関連の通信nがIIJに行ってしまったようだ。しかし、どうして着信できたか、片方向からしか音声が届かないかは、よくよく考えないといけない。

HTTP以外もぷららに流したら無事に通話ができた。相変わらず音声の品質はよろしくないけど。

ip filter 500001 pass 192.168.XXX.0/24 * * * *

この辺りのトラブルは、最近の対応履歴を見ればよいかとあらためて思った次第で。この記事も履歴の一部。

これでぷららの契約を継続する。ぷららフォンが使えなくなったら、他のプロバイダーに乗り換える奇特なユーザー・・・、

OCNのサポートに電話してみたけど。

来月auが解約月になるので、OCNのモバイルONEにMNPで移行したい。しかし、どのように手続きしてよいかWebサイトでわからないので、OCNのサポートに電話してみた。

今回やりたいことをまとめてみる。これは自分へのメモ代わり。

  • 既にデータ専用のモバイルONEのSIMカードを契約している。
  • auで使っている電話番号をMNPで移したい。音声SIMをこの契約に追加する。

質問事項は以下の通り。

  • SIMカードはどこで買わなければいけないのか? Webサイトには、
    「パッケージご購入後にお申し込みサイトもしくはカスタマーズフロントにてお手続きされる場合、契約時にSIMカードを追加することはできません。」
    とあるけど、言っている意味がわからない。OCNのWebサイトのみの受付なのだろうか?
  • 店頭や通販で買ってしまって、後で今の契約にSIMカードを追加できないか?
  • 開通まで電話が使えなくなる期間がどのくらいか?

しかしながら、OCNのサポートの電話はつながらない。20分待ちだった。回線会社のだけに、「あと何分」と言ってくれるだけ親切だけど。

だけど、途中のメニュー選択が多すぎる。5つの中から選んで7つからまた選ばなくてはいけない。これでだいぶ時間を食う。だったら、サポート内容ごとに電話番号を用意すればいいのに。

20分粘ってOCNのサポートに電話がつながったけど、こちらの電話の音声の品質が悪く、OCNのサポート担当者にはこちらの声が聞き取れないようだった。ということで、サポートは何も回答を願えずお終い。折り返しの電話は、まだない。これはこちらのせいだけど、また20分待ちは辛いので、しばらく経って電話してみる。縁がないかもな・・。

メールでのサポートがあればいいのに。どこかにあるのかな?

新しいiPhoneへのデータ移行作業が大変だった話し

ツレに新しいiPhoneを購入する。auの解約月ではないけど、早くフリーSIMに移ったほうがお得である。あとは、今のiPhone 4sが遅いしバッテリーが持たないし、ポケモンGoも使えものにないし、というツレからの要望で・・・。

新しく買ったのは丁度いい大きさだし、お安いしということでiPhone SE。アップルストアに注文する。注文した翌日には到着。

SIMは今も使っているOCNのMobile ONE。こちらの音声対応のカードを選択。MNPの即時手続きをしてもらうためにヨドバシカメラの秋葉原のカウンターで購入。どこにカウンターがわからなかったけど、FREETELと同じカウンターだった。

とても空いていて40分ほどで手続き完了。しかし、ここではiPhoneにSIMカードを入れて開通確認なんてしてくれなかった。近々別の端末で追加で音声SIMを購入したいけどどうするのか聞いたけど、わからないからOCNに聞いてくれと回答された。購入の手続き以外は、ここでは聞いてはいけないみたい。ツレ本人がいないとアクティベートの手続きができないし、通販でSIMを購入して手続きしても電話が使えない時間も変わらないから、わざわざ買いに行くこともなかった。

帰宅後、OCNのモバイルONEの開通は、もらったパンフレット通りにやったらうまくいった。ここまでは楽チン。しかし、この後が大変だった。

Androidでのデータ移行は、電源入れてGoogleのIDとパスワードを入力すればできたけど、iPhoneはそうはいかなかった。iCloudでもiTunesでも連絡先が同期を取れない。二回目にiTunesでリストアしたときに、そこまで設定したものがすべてクリアされてしまったときはiPhoneを放り投げようと思いましたよ。

iPhoneは難しいなあ、と思っていたら、何のことはない連絡先の保存先がiCloudと別にEzWebになっていたのを気が付いた。たぶん、これってよくあるトラブルなんだろうな。iPhoneだから大変だということではなかった。それでEzWebからiCloudに連絡先のデータを移そうと思ったら、iPhone本体だけではできない・・・。

調べてみると、一旦アプリを使って連絡先のデータを出力してから再度インポートしないといけないようだ。Googleさんに聞くと有料の定番アプリしか紹介されていないので、一回しか使わないしということで別の無料のアプリを探し出す。

見つけたのは、IS Contacts Kit Free というアプリ。まずはiPhone4sの連絡先のデフォルトの保存先をiCloudにする。IS Contacts Kit Freeで一旦Excelファイルで連絡先のデータを出力して、連絡先のデータをすべて削除して、再度iCloudへインポートする。詳しい手順は、ここのページから。

iCloudに連絡先が出力できたら、新しいiPhone SEに自動的に連絡先が同期してくれた。一日かけて作業完了。iPhoneのことは詳しくないと、とても大変だった。

 

保険会社から電話があったけど、今度も担当者が辞めていた

先週、保険代理店の代表から電話があったけど、と書いたけど、今度は別の保険会社から電話があった。こちらは別に契約していて代理店ではない外資系の保険会社だ。

こちらも担当者がやめていた。今回の電話があるまで知らなかった。こちらも契約してから10年経つけど、全然連絡がなかった。どこの保険会社って、こんなものかしらね。これで3回目だわ。

電話をしてきた保険会社の人は、最初は契約をしているお礼の電話だった。契約について住所変更とか何かあるかと聞かれたので、「契約してから全然連絡がない。」と告げると、これから謝りの繰り返し。よく話しを聞いてみると、担当の人でもなく、お礼電話専門の人だった。

今の担当の人を教えてくれたけど、契約手続きをした担当者は既に辞めていて新しい担当者になっていた。その担当者は替わってから全然連絡をくれていなかった。いつ辞めたのかも電話の人も知らない。「担当から連絡をくれるのが先でしょう。」、と言うとひたすら謝るだけ。

この会社も別の代理店と同じく10年以上放って置かれたことになる。この状況を電話の人に突っ込んで聞いてみると、この対応は会社としてもおかしなことだそうだ。この人はひたすら謝るだけ。こう3回も続くと、「うちの会社では契約を済んでしまえば後は連絡せずに放置するだけ、生保レディがいる会社とは違いますから。」、と言ってもらった方が納得したわ。

新しい担当から連絡させるとか言ったけど、こちらも対応するのも面倒だし、今までも連絡来なくても問題なかったし、これからも何も相談しないし、で断った。万が一のとき、こちらから連絡できるように会社の代表連絡先だけを聞いておいた。

これで見放したら電話の人は不服そうだったので、「問題点と改善案を文書で出してくれる?」と言ってあげた。それはできないかも、とか言いだすので、もういいやとまた投げ出す。またまた謝るだけなので、「会社として、これから何をできるのか?」と聞いたら、何かしら担当者から文書で回答をいただけることになった。

電話の人は「誠に申し訳ございません。」を繰り返すだけの、お礼の電話担当ではなくて謝りの電話担当だった。今回も怒りというよりも呆れたほうが大きかった。結局は、こちらが万が一があったら保険金を払ってもらえればいいだけで、保険なんて何もなかったら何もしないでいいのよね。

保険って信用が大事なのよね。これまでの保険代理店と保険会社は、もう信用なんてないよね。これから保険なんて、自分で考えてWebで申し込めばいいので、何も人間の担当者なんていらないかもな、と今回もあらためて思ったわ。

保険代理店の代表の人から電話があったけど

飛び込みでやってきた今契約している保険代理店の人(後で名刺も見ると営業部長で偉い人だった)から電話があって、ここでもすったもんだでいろいろあって、今度はその保険代理店の会社の代表(社長ではないのね)の人から電話があった。

結局10年以上、その代理店から連絡がなかった。こちらは毎月保険料を支払っている。おかげさまで病気とか入院とか、まして無事に生きているからこちらから全く連絡も取らずにいた。そう言えば骨折したけど、この場合は治療費は保険から出たのかな? そのときは、すっかり保険なんて頭にはなかった。

契約を見直してみると、一つ契約が今月で満期になる。これで来たのかな? 継続のセールスだろうな。

代表からは、お会いしたいと言われたけど、来てもらって時間を取られるのもイヤだし、電話で現状の問題点を話しましょうということにした。

そこで代表の人にいろいろ突っ込んで聞いてみる。どうして、10年以上連絡が来なかったのか? 契約のときはしきりにやってきたのに。契約のハンコを付いたら、ぷっつり来なくなったのは。

まずは、保険代理店というものは契約したら、顧客のほうから連絡しないといけないものか? 長いこと連絡してこないのは保険代理店としては当たり前のことで、連絡しなかった私のほうが不味い対応だったのか、と聞いてみた。これは、連絡してこなかった保険代理店が悪いのだ、と言われた。まあ、それはそうだろうな。こちらが悪いとなると、代理店に気を使いながら保険の面倒を自ら見ることになるからな。

どうして連絡がなかったと理由はと尋ねると、10年間でほとんどの社員が既に入れ替わってので、この代表の人からは詳細はわからないそうだ。当の代表本人も私が契約した日よりも新しく会社に入ったそうだ。保険代理店の社員は入れ替わりが激しい。引き継ぎしないので誰もわかっていない。つまり、顧客管理はなされていないようだ。もう代理店の機能としてはダメダメみたい。

だったら、これからどうするのか聞いてみる。すると、代表自ら本契約を見ると言い出した。でも、これはやめてくれと言った。だって、忙しい(はず?)代表の立場で細かい契約なんて見られるはずがない。また取りこぼしが出てくるに違いない。

代わりに担当者がついて頑張りますと言われても、こうなっては信用できないのです。ではどうするのと言われても、落としどころがないのです。ペナルティーで毎月の保険の金額を安くさせるなんてできないし。

では。保険の代理店を替えられるか、と聞くと、向こうは黙ってしまった。そのままの契約で別の代理店の変更が可能かと聞くかと、可能だと言った。でも、それはとても大変だと言い出す。

でも、そもそも保険の代理店って必要なのか? 契約したら何も連絡なかったら、別に直接保険会社と契約してもいいじゃない、Webでも契約できるし、と言ったら、ますます答えに困ってしまったようだ。

これ以上言っても仕方のないことので、こちらから提案するにした。

要は個人でなく会社全体として面倒を見てくれということ。保険に関しては個人の担当者の誰かだけがわかっているのではなくて、会社の誰でもわかるようにしてくれ。みんなで私の契約の情報共有してくれということ。しかし、答えは難しそうだ。保険代理店なんて個人プレーの集まりみたいだから、会社活動そのものを変えないといけなそうだ。渋りながらも、持ち帰って(代表だけどね)検討するということになった。

もし、それができなければ、もう私の契約を保険会社に戻して、他の代理店を付けるなりの回答でもいいよ、と追い打ちをかけておいた。そこまで言わないと変わらないだろうな、この会社は。

 

#Evernote のビジネスを解約する

Evernote はビジネスで契約しているのだけど、ビジネスを解約してプレミアムにしようと考えました。どうしてEvernoteビジネスを解約するかはどこかで後ほど書きましょう。Evernoteのサイトで解約方法を探しましたが見つからず、Evernoteのサポートに連絡してみます。

現在、2名でビジネスプランを使っていますが、こちらをプレミアムプランに変更することはできますでしょうか? できるのであれは手続き方法をお教えください。

翌日に回答がありました。

[Evernote Business解約手順]
1. ウェブブラウザにてEvernoteにサインインし、「管理コンソール」− 「請求情報」の一番下の画面に「Evernote Business の登録をキャンセル」のリンクがありますので、こちらをクリックしてください。
2. 「登録をキャンセル」ボタンがありますので、こちらを押してください。
以上でキャンセルが完了となります。

また、キャンセル後もお支払い頂いた利用期間分までは、Evernote Businessの状態となっております。

期間終了後はビジネスノートブックへのアクセスが出来なくなりますので、
適宜個人のノートブックへの移動/コピーや、
ノート/ノートブックを右クリック>ノートのエクスポートにて、ファイルの状態でエクスポートいただき、バックアップを実施いただけますようお願い申し上げます。

大変丁寧な回答をいただけました。今月末にビジネスの契約を切れますので、忘れないうちに手続きをしておきます。

ビジネスノートブックを個人のノートブックに移行してしまいます。まずはビジネスノートブックを丸ごとエクスポートしてしまいます。これで何かあっても大丈夫です。次にノートブックをドラッグ&ドロップで移動できると思ったらできませんでした。

全体のエクスポートしたファイルを一気にインポートしてしまおうと思いましたが、一つのノートブックになったらイヤなので、ノートブックを一つづつエクスポートして、個人のノートブックにインポートして移行してしまいます。ノートブックが8個ありましたので手間だけかかります。

インポートしたときに「インポートしたノートブック」と名前が付いてしまいますので、こちらも地道にノートブックの名前を変えていきます。

最後に同期を取ります。同期のアイコンに赤いビックリマークが付いて失敗しましたので、何回か同期を繰り返します。これは同期するノートが多いかサイズが大きいかで失敗してしまうのでしょうか? よくわかりません。何回か同期のアイコンを押してみてうまく同期が終わったら、EvernoteのWebサイトで正しく同期をされているか確認して完了です。

忘れずにEvernoteビジネスの契約をキャンセルをします。後は契約期限が切れて再度プレミアムの登録をして終わりです。

2016-02-26_20h08_20

東芝のハードディスクをアマゾンで交換してもらおうとしたけど。

QNAPに取り付けた東芝のハードディスクですが、またI/Oエラーが出ました。以前と同じです。

先日購入したWDのハードディスクに交換してしまいます。RAIDのディスクの同期はQNAPが勝手にやってくれますので楽ちんです。問題はここから。

東芝のハードディスクをアマゾンに交換してもらおうと連絡しました。交換は購入から30日以内なのですね。1ヶ月ちょっと前に買ったので、どうしていいかをアマゾンに聞いてみたら、丁寧に調べてもらいましたが、結果は東芝に連絡してくれ、ということでした。しかも連絡先はわからないと言われてしまいました。部署はパーソナルストレージというところらしいと言っていましたが、ここは外付けのハードディスクだし、とりあえず聞いてみてくれ、とのことでした。アマゾン限定東芝製ハードディスクですがその仕打ちですか。

東芝のホームページから、パーソナルストレージのサイトを探して、お客様サポートに入ると、案の定外付けハードディスク / ポータブルハードディスク専用のサポートでした。SSD/HDDは違う部署のようです。ご丁寧にリンクがありましたので、そこからWebフォームで連絡してみます。今はここまで。これからどうなることやら。まあ、東芝から回答があればよいな。

たまたま外れの東芝ハードディスクを引きましたが、2つしか買っていないので、これで東芝のハードディスクが壊れやすいのかどうかわからない。

しかしながら、売っているアマゾンもサポート連絡先がわからないとは残念。アマゾンの保証も短いのもこれまた残念。ハードディスクは壊れる前提なら、最初からメーカー保証があるほうがいいかもな。

東急カードWebサイトの不思議

東急沿線に住んでいるので、何かとお得な東急カードなのですが、毎月決まってくるWeb明細の案内メールは???なので、もう言わずにいられません。

いつもTOKYU CARDをご利用いただきありがとうございます。
お支払日とお支払金額のご確認をお願い申しあげます。

_/_/_/ 下記URLからWeb明細をご覧いただけます _/_/_/

毎月26日頃は、アクセス集中により、つながりにくい場合がございます。
お客さまには大変ご迷惑をおかけいたしますが、つながりにくい場合は、
少し時間をおいて再度アクセスいただけますようお願いいたします。

って毎月始まるメールが送られるのですが、本当にサイトにアクセスするとタイムアウトになって繋がらないのです。メールが届いたら、そこに書かれているアドレスをクリックしてサイトに明細を確認しようとアクセスするのは誰でも予想します。締め日のときにメールを会員にまとめて送っているので、そしてそのときにアクセスが集中するのは明白なのです。だったら、メールを送った26日のちょっと間はサーバーを増強しておけばいいじゃないと思うのですけど、それやらない東急ってさすが緩い会社なのねと思ってしまうのですわ。

そして、

★★★★★★★ カードの種類を切替えされたお客様へ ★★★★★★★

切替え前のカードにて「ご利用代金Web明細サービス」をご利用されていた
場合、新しいカードにつきましても自動的に「ご利用代金Web明細サービ
ス」が適用されます。
なお、TOKYU POINT Webサービスのパスワードはカード毎の
ご設定となりますので、切替後の新しいカードにて新規ID登録(無料)の
お手続きをいただき、新しいパスワード取得後にログインのうえお支払い額の
ご確認をお願いいたします。

ログインの際のパスワードはカードごとに異なります。
複数枚カードをお持ちの方、カードをお切替されている方は、各々のカード
ごとに設定されているパスワードでログインをお願いいたします。

パスモ付きのカードの切り変えたら、カード番号が違ったカードが送られてくるのは理解できます。そしてWeb登録したら今までのIDとパスワードでログインしてページ内でカードを選択する、あるいは別のIDとパスワードを再登録するのか思っていました。しかし、何と同じIDでパスワードを変えてログインするという今まで経験のないログイン方法でした。しかも、最初に発行したIDは、メールアドレスでもなく自分で決めるのではなく8桁のランダムの英数字といういまだかつてない仕様には驚きました。

まあ、東急カードのWebサイトのログインはそういうものだと思えば、何のことはありませんけど。未だに東急カードのWebサイトにログインしようとしても、コネクションエラーになってアクセスできませんわ。明日確認しよう・・・。

ブラウザで波ダッシュの文字化け

以下、途中で文字化けして何を書いているかわからなかったらごめんなさい。


お客さんから渡されたWordのテキストをコピー&ペーストしてサーバーにアップしたら文字化けしていると指摘があった。〜が?になっていた。

実際に、文字化けする〜を貼り付けて自分で入力した~とでテキストファイルにしてみて

〜~

をバイナリで見てみると、

$ cat namitest.txt
〜~
$ od -t x1 -c namitest.txt
0000000 e3 80 9c ef bd 9e
343 200 234 357 275 236
0000006

と波ダッシュ(e3809c)や全角チルダ(efbd9e)になる。

調べてみると、これは波ダッシュ全角チルダ問題と言われるものらしい。自分の中では、波ダッシュやチルダのことは、まとめて “から” とか “ニョロ” とか呼んでいるけど。

波ダッシュとチルダは意味が違うので使い分けろという意見もあるけど、ブラウザで文字化けしたら元も子もないので、主義主張に関係なく表示できる全角チルダにしておく。

でも、お客さんのところで最初のWordのファイルはどうやって波ダッシュを入力できたのだろう。

お客さんのサイトはShift-JISだから、ブラウザで文字化けするのはこの辺りが怪しい。気を付けないと、また文字化けしそうだなと、以上覚え書きを書いておく。