混合栓修理その後

混合栓のハンドル根元から水漏れする件のその後

https://plus.google.com/+MuneAndo/posts/Qd5rHh9eGsX

水道屋さんの師匠が休日にもかかわらずやってきた。おそらくこれで大丈夫だろうと、来た途中で買ってきた水栓用品の部品。合わせてみるとピッタリだった。

片方だけを取り替えると見た目が悪いし、どうせパッキンが劣化しているだろうということで、温水両方のハンドルを交換してもらう。ついでに水が出てくる自在パイプの根元のパッキンも交換する。これは予防措置。

そのときの交換のポイントとしては、パッキンが潰れてしまわないように締め付けないことだった。

次回自分で対応できるように、水栓部品のパッケージの写真を残しておく。

「混合栓修理その後」への2件のフィードバック

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください