TortoiseGitでエクスプローラーの右クリックが応答なしになるときの対応メモ。

tortoisegitTortoiseGitをインストールしていて、エクスプローラーの右クリックが応答なしになってしまうときの対応メモを残しておきます。今のところ、応答なしにならないので、これでいいかはわかりません。自分のところでは、うまくいっている程度で読んでください。

エクスプローラーの右クリックをしたときに、何も反応が無くて、最後に応答なしで終わってしまう現象が起こりました。右クリックを使っているアプリケーションをアンインストールした結果、原因はGitのWindowsクライアントのTortoiseGitでした。TortoiseGitは、プログラミングでよく使っているのでアンインストールはできません。

いろいろと設定を変更をしたところ、次の設定で解消しました。

  • TortoiseGitのSettingsを起動します。エクスプローラーの右クリックからSettingsは起動できますが、応答なしになってしまいますので、スタートメニューから起動します。
  • 「アイコンオーバーレイ」の「アイコンオーバーレイ/状態表示列」を「エクスクローラー上でのみオーバーレイとコンテキストメニューを表示」にチェックします。
  • 同じく「状態のキャッシュ」で「拡張したシェル」を選択します。
  • 含めるパスに、Gitのリポジトリのあるフォルダをしてします。自分の場合は、「C:\Users\ando\workspace\*」となります。

以上の説明は言語を日本語にしたときの設定です。英語の場合は、適当に読み替えてください。