ATOK2013で漢字変換が遅くなったときの設定

やはりATOK2013でも漢字変換が遅くなってしまいました。入力していくと固まったようになる。

ジャストシステムのサイトには、出たばかりのATOK2013のトラブル情報なんて載っていないだろうと探してみると、既にありました。

http://support.justsystems.com/faq/1032/app/servlet/qadoc?QID=049103

まずは、最初の「変換候補の設定を変更する」の設定を試してみます。何だかこれでOKでした。「0キーを使って切り替える候補」って何だっけ? というのもさておき、これでしばらく試していきます。

勝手にGoogle日本語入力に切り替わっても、全く気が付かなかった情けないATOKユーザーなのでした。MS-IMEはさすがにわかる・・・。

Embedded Link

[049103]入力や変換の速度が遅い
入力や変換の速度が遅くなる場合は、以下を確認します。 変換候補の設定を変更する; ATOKの設定を変更して動作を確認する; 他の日本語入力システムではどうか確認する. I 変換候補の設定を変更する. 0キーを使って切り替える候補の設定を変更し、現象が改善するかどうかを確認します。 ■操作. 言語バーの メニュー …

+: View post on Google+

“ATOK2013で漢字変換が遅くなったときの設定” への3件の返信

  1. おかしいよね,どう考えてもww

    (学習単語を辞書に書いていくところのロジックがおかしいんだろうなぁ…)

コメントは受け付けていません。