KDDIのサイトにアクセスできなかった原因はフレッツのIPv6アドレス

以前からKDDIのサイトにアクセスできないのが気になっていましたが、調べてみると原因はIPv6でした。というよりも、NTTのフレッツが割り当てるIPv6アドレスでした。

フレッツがふるIPv6アドレスは、フレッツ網だけしか使えないIPv6アドレスのようで。KDDIのサイトは、IPv6で利用できるので、IPv6で接続しに行こうとする。そこで接続できないことになる。詳しくはここのページを参照のこと。

どうして気がついたかというと、コマンドプロンプトで

ping www.au.kddi.com

と実行してみたら、IPv6のアドレスが表示されたため。

Vistaでは、デフォルトでIPv6が有効なるために、このような現象が起こるようです。しかも、ルーターがYAMAHAのRTX1000で、こちらもIPv6が有効になっている。

解決方法は、IPv6は無効にすること。RTX1000でIPv6を無効にする方法がわからなかったので、VistaでIPv6を無効にしてみました。

これで、無事にKDDIのサイトにアクセスできるようになりました。

こんなことでIPv6って普及するのだろうか? 何だかIPv6の不幸な話しです。