日本語ワープロの思い出

いわゆる日本語を編集・印刷できるワードプロセッサーのことです。昔は、PCのアプリケーションではなくて、専用の機械でした。

何で日本語ワープロの話しをするかというと、たまたまICOMの記事のを読んだためです。日本で初めての日本語ワードプロセッサーの話しです。

ここで出てくる東芝のJW-10は、使った覚えがあります。大学の4年のときに、所属している研究室の講師の方が書いた論文の清書の手伝いで使いました。これは、ちょっと自慢かもしれません。JX-10は文節ごとで変換していく漢字変換だったような覚えがあります。ローマ字で入力できたので何とか入力ができたような気がします。その頃のPCのワープロといえば、DOSの一太郎。バージョンは3だったかな? PC9801の8インチのフロッピーディスクでした。

また、この記事で出てくる和文タイプライターも使ったことあります。父が事務機器が大好きな人で、和文タイプライターが自宅にありました。たまに手伝いで打っていました。とても文字を拾っていくのは大変でした。

ついでに言うと、新入社員で入ったメーカーで、新人研修と称して大阪日本橋のカメラ屋さんの派遣店員として1ヶ月間、専用ワープロ機(そのころはこれが主流)を売ったことがあります。2月で商品が売れない時期でしたが、27台ほど売ったことを覚えています。そのメーカーでは、社内で富士通のOASYSコンパチ機を開発したのですが、結局はリリースされずにそのまま社内で使っていました(この話は今では時効ですね)。

こんな感じで、日本語ワープロの思い出がいろいろ出てきます。