さくらインターネットからの迷惑メールに関しての回答

やはりというか、さくらインターネットのメールボックスでは、特定のサーバーからのメール拒否はできないとのこと。

その代わりとして、Webメールでの迷惑メールフィルタで都度「迷惑メールとして学習させる」か、使っているメールソフトで送信元のメールアドレスをブラックリストに登録しろ、とのことだった。でも、送られてくるメールは自分のメールアドレスからになっているから・・・。

と言っているうちに、Gmailが正しく迷惑メールとして判定してくれるようになった。まずはこれで解決。

Reshared post from +Mune Ando

最近、Gmailもすり抜ける迷惑メールが多くなったので

最近、Gmailもすり抜ける迷惑メールが多くなったので、いろいろメールアドレスの設定を変えてみた。

どういう訳かGmailの迷惑メールフィルタをすり抜けてしまうので、迷惑メールのソースを見てみた。Fromが自分のところドメインであるのは分かるけど、エンベロープFromも同じだった。Gmailは内容から迷惑メールとして判定しているけど、迷惑メールに振り分けてくれない。

そこで仕方ないので、自分のメールに転送しておいた以下のメールは転送しないようにしておく。

    admin
    webmaster
    info
   webadmin

代わりに新しいアドレスをドメインの代表アドレスにしておく。

でも、なんて面倒なの・・・。

よくわからないけど、おもしろいモノが出てきたってこと

よくわからないけど、おもしろいモノが出てきたってことかな。

カシオの渾身の変形合体カメラ『EXILIM EX-FR10』
超高速連写など、他メーカーにはできないカメラをつくり続けるカシオが、またやってくれたー!

迷惑メールを発信してるサーバーは、#linode から

迷惑メールを発信してるサーバーは、メールのソースを見てみてると、すべて linode.com というドメインだった。linode.com は、クラウドのホスティングサービスの米国の会社だった。「linode.com  迷惑メール」でGoogleさんに聞いてみると、たくさん出てきた。クラウドサービスよりも迷惑メールで有名なのかな?

とりあえずメールサーバーをお願いしているさくらインターネットにどうしていいものか相談してみる。あとは Linode に報告してみるかな。

Reshared post from +Mune Ando

最近、Gmailもすり抜ける迷惑メールが多くなったので

最近、Gmailもすり抜ける迷惑メールが多くなったので、いろいろメールアドレスの設定を変えてみた。

どういう訳かGmailの迷惑メールフィルタをすり抜けてしまうので、迷惑メールのソースを見てみた。Fromが自分のところドメインであるのは分かるけど、エンベロープFromも同じだった。Gmailは内容から迷惑メールとして判定しているけど、迷惑メールに振り分けてくれない。

そこで仕方ないので、自分のメールに転送しておいた以下のメールは転送しないようにしておく。

    admin
    webmaster
    info
   webadmin

代わりに新しいアドレスをドメインの代表アドレスにしておく。

でも、なんて面倒なの・・・。

最近、Gmailもすり抜ける迷惑メールが多くなったので

最近、Gmailもすり抜ける迷惑メールが多くなったので、いろいろメールアドレスの設定を変えてみた。

どういう訳かGmailの迷惑メールフィルタをすり抜けてしまうので、迷惑メールのソースを見てみた。Fromが自分のところドメインであるのは分かるけど、エンベロープFromも同じだった。Gmailは内容から迷惑メールとして判定しているけど、迷惑メールに振り分けてくれない。

そこで仕方ないので、自分のメールに転送しておいた以下のメールは転送しないようにしておく。

    admin
    webmaster
    info
   webadmin

代わりに新しいアドレスをドメインの代表アドレスにしておく。

でも、なんて面倒なの・・・。

OCNの代理店から電話があったけど

OCNの代理店から電話があったので、今日は休みなので、とにかく何も知らないふりをしていろいろ話しを聞いてみました。

プロバイダを何を使っているのかと聞いてきましたので、プロバイダってなあに? と聞いてみました。インターネットでつなぐときに必要なサービスであるとと教えてくれました。例えばぷららとかWAKWAKとかNTTコミュニケーションのOCNとかあると言ってきました。NTTは電話じゃないの?と言ってあげると、NTTとは別ですと言われました。

回線はフレッツですかと聞かれたので、回線ってなあに? と聞いてみました。電話の線みたいなものだそうです。電話はNTTですと答えます。インターネットはNTTのフレッツですかと聞かれたので、だから電話がNTTですと答えます。

フレッツテレビとか知っているかと聞かれましたので、フレッツテレビってなあに?と答えます。フレッツテレビはインターネットとテレビがと説明しだしますので、テレビはアンテナじゃないと言っておきます。

プロバイダのOCNは知っているかと聞かれましたので、だからプロバイダってなあに? と答えますと、プロバイダは接着剤のようなものですと言われました。インターネットって接着剤がいるの? と聞いてみました。これ以上、話しが続けてくれませんでした。

こんなやり取りをしていくと、段々相手もイライラしたようで、フレッツを使っているなら結構です、と言われて電話を切られしまいました。

フレッツ光ネクスト切り替え工事内訳

Bフレッツからフレッツ光ネクストへの切り替え工事内訳が請求書に上がっていました。しかし、工事の人がそのとき出した内訳書の項目と今回請求書の項目が一致していない。

最初、工事のときの内訳項目と請求書項目の呼び名が違っていたので、またNTTのミスかと思ってしまいました。

切り替え工事の内訳は以下の通り

工事のときの内訳 金額(税別) 請求書の内訳 金額(税別)
ひかり電話・機器工事費 2,500円 ひかり電話お客様宅内工事料 2,500円
交換機等工事費 1,000円 フレッツネットワーク工事料 1,000円
基本工事費 4,500円 フレッツ工事基本料 4,500円
回線終端装置工事費 4,100円 フレッツお客様宅内工事料 18,500円
屋内配線設備部分工事費 14,400円
合計 26,500円 合計 26,500円

請求書の「フレッツお客様宅内工事料」が「回線終端装置工事費」と「屋内配線設備部分工事費」との合算で18,500円になっていました。

同じ項目にすればわかりやすいのに。あえて難しくしてしまっているようで残念。まあ、工事会社とNTTは別だからってことなのかな。一緒にしておけば、クレームの問い合わせが少なくて済むのに。私は、電卓を叩いて計算して理解できたので、問い合わせをしませんけど。

追記

WordPressのJetpackプラグインにあるMarkdown機能でテーブルを書いてみたけど、右寄せは <td aligin="right"> というふうに出力するのね。左寄せになってしまうけど。

神奈川県警から電話

何かと思ったら、私の高校の同窓会の名簿が流れたようで、オレオレ詐欺の電話が多発しているそうで、その注意喚起でした。何か怪しい電話があったら、警察に連絡しろとのことです。あと、家族に本件を徹底しておくように注意されました。

何で、高校の同窓生であるかわかったかは知りませんが、警察にも名簿が回ったようです。

レターバックの青いほうは知られていない

不思議なことがあったので書いておく。今お付き合いしている不動産関係の会社さんがあるが、契約書類をレターパックで送ってくる。信書だからヤマトのメール便で送ってこないので、その辺りはわかっていると思う。

しかし、送ってくるものは3cm以下なのに赤いほうで送ってくる。それも、今日来たのは別の会社で3社目。しかも返信用に赤いレターパックを同封してきた。

青いレターバックと赤いレターパックの値段の差は250円あるけど、これって不動産業界では青いレターパックが知られていないということなのか。

サンプルが3社だけなので、たまたま付き合っている会社が知らないだけかもしれないけど、三社も続くと老婆心ながら教えてあげたほうがいいかな、と思ってしまうのでした。

レターパック – 日本郵便
専用封筒に荷物を詰めるだけで、全国どこでも510円で送付可能です。ポストにも投函できます。

配達地域指定DMの受け取り拒否

ポストにちらし投函禁止の貼り紙をしていたら、最近はポスティングの人たちには理解してくれたようで、チラシは少なくなっています。宛名が入っている郵送料を払っているDMを止めるのは難しいようです。このようなDMは受取拒否のハンコを押して、まとめて郵便ポストに放り込んでいます。

DSC_0432

しかし、宛名のないDM、いわゆる配達地域指定郵便物が郵便局員によって投函されていることがあります。日本郵便のサイトでは、配達地域指定郵便物を「DMやチラシとは違うユニークな媒体」と説明していますが、どう考えてもDMやチラシそのものです。どう違うか説明を願いたい。

このまま、受取拒否で返しても、誰が受取拒否をしているかわからないので、どうしたものか。一番いいのは、ポストの張り紙を郵便局員が見て投函しないことですけど。

そこで、日本郵便に聞いてみました。聞いてみたというよりもクレームに近い文章ですな。

パチンコ屋の配達地域指定のDMがポストに投函されていました。
ポストにも提示していますが、DM、
ちらしを投函したら清掃料を徴収すると掲示しています。
即刻、DMの投函を中止してください。
次回、郵便配達人が配達地域指定のDMを投函した場合、
御社に清掃料を請求することになりますので、
ご承知おきください。

1週間ほどずいぶんと時間がかかってけど、回答はこちら。

お申し出いただきました配達地域指定のDMにつきましては、

【配達地域指定】として差出された郵便物となります。

誠に恐縮ながら、弊社に差出された郵便物等につきまして、
特定の郵便物等に関し、受取人様からのお申し出により、
初回配達を試みず、受取拒絶として返送することはいたしかねます。

当該郵便物の受取拒絶をご希望の場合は、
郵便物等に【「受取拒絶」の文字】並びに
【受取を拒絶した方の印を押印または署名】を
記載したメモ、付せん等を貼り付け、
郵便ポストへご投函いただきますようお願いいたします。

※開封された郵便物等につきましては、
受取拒絶として承ることはいたしかねます。

ご要望にそった対応とならず、心苦しい限りではございますが、
上記案内につきまして、何卒ご理解とご了承賜りますよう
お願い申し上げます。

お問い合わせいただき、ありがとうございました。

つまり、配達地域指定郵便物は、最初の一回目は届けるから、その後で拒否してね、というとても差出人はやさしく受取人にはありがたくないサービスであることがわかります。

本当に以上の方法で受取拒否ができるのかどうかわかりません。たぶんこの言う通りに郵便ポストにいれても、受取拒否をした人の連絡先を書かないと拒否できないでしょう。しかも、以前同じパチンコ屋のDMを受取拒否として、住所と名前付きでポストに出したけど、また今回も来ていますので期待薄です。今度は清掃料の請求するふりでもしてみるかな。

DM、チラシを放っておくと、ポストに山となってしまいます。本当に大事な郵便物が埋もれてしまうことになります。必要のないDM、チラシはポストに入れて欲しくないのです。

世の中からパチンコがなくなることを望んでいます。

どんだけ無駄な時間をかけてるんだ。こいつら・・・。

某予備校(名前を検索しても出てこなかった)から、セールス電話がかかってきた。高校生がいるかと、まず聞かれた。

まあいるんだけど、その前に何で電話かけて来たかと尋ねたら、うちの区内の市内局番の1400番から一つづつかけているのだと。どれだけかけているかと聞くと、7時間使って230件目だって。そのうち高校生がいる家は20件だったそうだ。大変ねえ、と言って電話を切ってあげました。

某通信教育の会社の名簿があれば、そんな時間をかけなくてもいいのに・・・。