予備校のセースル電話。どんだけ無駄な時間をかけてるんだ、という話し

某予備校(名前を検索しても出てこなかった)から、セールス電話がかかってきた。高校生がいるかと、まず聞かれた。

まあいるんだけど、その前に何で電話かけて来たかと尋ねたら、うちの区内の市内局番の1400番から一つづつかけているのだと。どれだけかけているかと聞くと、7時間使って230件目だって。そのうち高校生がいる家は20件だったそうだ。大変ねえ、と言って電話を切ってあげました。

おそらく予備校講師に無理やり電話かけさせているのだろうな。

岡山方面の某通信教育の会社の名簿があれば、そんな時間をかけなくてもいいのに・・・。

View this post on Google+

以上の迷惑電話撃退の商品は、ナンバーディスプレイの契約が必要のはず。高齢者への詐欺電話を防止するためにも、NTTはナンバーディスプレイを無料で提供すればいいのにと本当に思う。発信者通知は迷惑電話をかけてくる輩は嫌がるので、ナンバーディスプレイは迷惑電話防止になる。ナンバーディスプレイに契約して対応した電話機ならば、発信者番号を通知しない詐欺電話は非通知になって拒否されるので安心である。

2件のコメント

コメントは受け付けていません。