OCNの代理店から電話があったけど

OCNの代理店から電話があったので、今日は休みなので、とにかく何も知らないふりをしていろいろ話しを聞いてみました。

プロバイダを何を使っているのかと聞いてきましたので、プロバイダってなあに? と聞いてみました。インターネットでつなぐときに必要なサービスであるとと教えてくれました。例えばぷららとかWAKWAKとかNTTコミュニケーションのOCNとかあると言ってきました。NTTは電話じゃないの?と言ってあげると、NTTとは別ですと言われました。

回線はフレッツですかと聞かれたので、回線ってなあに? と聞いてみました。電話の線みたいなものだそうです。電話はNTTですと答えます。インターネットはNTTのフレッツですかと聞かれたので、だから電話がNTTですと答えます。

フレッツテレビとか知っているかと聞かれましたので、フレッツテレビってなあに?と答えます。フレッツテレビはインターネットとテレビがと説明しだしますので、テレビはアンテナじゃないと言っておきます。

プロバイダのOCNは知っているかと聞かれましたので、だからプロバイダってなあに? と答えますと、プロバイダは接着剤のようなものですと言われました。インターネットって接着剤がいるの? と聞いてみました。これ以上、話しが続けてくれませんでした。

こんなやり取りをしていくと、段々相手もイライラしたようで、フレッツを使っているなら結構です、と言われて電話を切られしまいました。

“OCNの代理店から電話があったけど” への6件の返信

  1. そんなに大変ではありませんよ。すっとぼけて言ってくる単語について、なあに?、って言っていればいいのだから。

    あと、現在修羅場中で怒号が飛び交うバージョンとか、途中来客で電話を放置するなんてこともやったことがあります。いづれも1分ほどで切られました。

    その後はくれぐれも電話番号を通話拒否にすることを忘れずに。

  2. 今日 リサイクルショップの営業電話があって
    携帯電話から電話がかかってきてました。
    会社所有のものなんでしょうけど、ちょっと引くわ~。

  3. 何か、こんなやり取りしていると、プロバイダ料金が安くなると言われると、皆さん乗り換えていくのかな? 解約料金とか請求されたりして。プロバイダを乗り換えたときのトラブルなんてありそうだな。ぷらら以外からの乗り換えなんて、インターネット回線だけではなくて電話の回線の移行とか面倒なことがありそうなので、よほど計画を立てておかないと難しいかも。

    自分のところは、固定のIPアドレスをぷららから取っているので、おいそれとは乗り換えはできません。IPアドレスを登録しているところが、たくさんありますので。

  4. 最近の詐欺は相手の金額より安く提示して、実際には既存のプロバイダ契約をそのまま継続にします。クレジット請求が2〜3ヶ月ずれ込むのを考慮した詐欺です。
    結局被害者が増えて裁判沙汰や消費者センターからの呼び出しが多くなったら倒産させるという「怒られたら謝りゃイイじゃん!」というゆとり世代詐欺商法ですね。

    被害金額を数万円以下にして実際の訴訟にならない様ダラダラと徴収するのが目的ですね。
    プロバイダ詐欺の他に電話代見直し、電気代見直しなんかも有る様です。

コメントは受け付けていません。