レターバックの青いほうは知られていない

不思議なことがあったので書いておく。今お付き合いしている不動産関係の会社さんがあるが、契約書類をレターパックで送ってくる。信書だからヤマトのメール便で送ってこないので、その辺りはわかっていると思う。

しかし、送ってくるものは3cm以下なのに赤いほうで送ってくる。それも、今日来たのは別の会社で3社目。しかも返信用に赤いレターパックを同封してきた。

青いレターバックと赤いレターパックの値段の差は250円あるけど、これって不動産業界では青いレターパックが知られていないということなのか。

サンプルが3社だけなので、たまたま付き合っている会社が知らないだけかもしれないけど、三社も続くと老婆心ながら教えてあげたほうがいいかな、と思ってしまうのでした。

レターパック – 日本郵便
専用封筒に荷物を詰めるだけで、全国どこでも510円で送付可能です。ポストにも投函できます。

“レターバックの青いほうは知られていない” への2件の返信

  1. 3cm問題だけでなく、赤は受取サイン有りなので、不動産業界に慎重な会社が多いということでしょうか…。
    私は、よほどのことが無い限り、青ばっかり使っていますが。

コメントは受け付けていません。