蛍光灯の種類ってたくさんあったのね。

調べだすと止まらない。実は蛍光灯の種類は、こんなにあるのは知らなかった。

今、娘の学習机に付いている蛍光ランプが付かなくなって、自分の蛍光ランプを貸しています。蛍光灯を交換すればと治るだろうと思って、買ってきてもらいました。単純によく使っている直管の蛍光灯だろうと思っていましたが違っていました。32W の大きいもの。普通のスーバーでは売っていない。電器屋まで行って買ってきてもらいました。

結局は治らないので返品になりましたが、このままだと自分の蛍光ランプは返ってこない。新しいランプを探します。Zライトがいいのだけど、評判を見てみると(聞いてみるというの正しいが)、Zライトは直管だけれども特殊な蛍光灯であるとのこと。どのZライトがいいかと妄想が膨らんでいくが、なかなか決まらない。娘のライトだけれど。Zライト以外に良いランプがあるのかしら。

蛍光灯の種類を調べていくと、非常にたくさんある。年末の大掃除で蛍光灯を交換するのだが、自分の中では蛍光灯は、丸が大きいのと小さいのが二種類、直管は長いのと短いのが二種類しかない。それに昼光色か温暖色の色の違いだけ。今まではこれだけで困らなかった。実際にはもっとあるのです。知らずに買ってくると、取り付けできないことになります。

と考えているうちに、蛍光ランプはどれにしようか。やはり、ちらつかない良いものを探すとしましょう。

 

インターネットプロバイダの乗り換え

インターネットはフレッツ光のハイパーファミリーでぶらら(ぷららのトップページは本当に重い)で接続しています。固定IPアドレスも契約しているので、毎月ぷららには3,200円ほどを払っています。2003年2月に契約しましたので、もう9年目に入ります。

今まで固定IPアドレスの契約はどこも高かったので、他のプロバイダに乗り換えを考えていませんでした。しかし、改めて調べてみると安いプロバイダも出てきました。

「プロバイダ 固定IPアドレス」で検索してみて出てきた比較サイトがありました。安い順から

  1. DIX
  2. インターリンク
  3. ASAHI NET
  4. So-net
  5. ぷらら


となっていました。しかし、値段が間違っている。古い情報かもしれません。

さて、上位1,2位のDIX,インターリンクは名前も知らないので、3位のASAHI NETに電話をかけてみました。値段とオプションの継続と手続きについてです。

料金は、毎月固定IPアドレスが840円で利用料が819円で合計1,659円。今までの半額以下になります。オプションで使っているひかり電話はNTTとの契約なので自動継続となるとのこと。いづれにしても、NTTから確認の連絡が入るので、そのとき確認すればいいということでした。

ハイパーファミリータイプから、フレッツ光ネクストにするにもNTTに言ってくれればプロバイダには関係ないとのことでした(この辺りが自分はよく分かっていない)。しかし、工事料金は1万円以上かかるのですね。変更はやめておこうかしら。どうせ将来、全部ネクストに切り替えなくてはいけなくなれば(ファミリータイプからハイパーファミリータイプに変わったときのように)、NTTが勝手に無料で変えてくれるにちがいない(いつの話だ・・)。

さて、どうしましょうか。時間があったらぷららからASAHI NETに乗り換えてしまいましょうか。