5丁目通信(仮称)

とある5丁目で活動する還暦を過ぎたWebプログラマーの覚え書きです。それとかかってくる迷惑電話や、家業のアパート経営について。

M.2 SSDが正しく認識できないので交換した話し


起動できなくなって回復でも元にもどらないの続きの話しです。

万が一のためののPCとして復活させます。新しくM.2 SSDを注文しました。注文したのはこちらです。

Hanyeという知らないメーカーのSSDです。ヒートシンク付きですが結局は外して使うことになりました。M.2を取り付けるスペーサーを取り付けるネジが折れて取れなくなったので、今まで使っていたヒートシンクではさみこんで取り付けします。あまりよろしくない状態ですが仕方ありません。

回復ディスクは「ファイルの削除のみを行う」では途中でエラーで止まってしまいます。その代わりに「ドライブを完全にクリーンアップする」で実行しています。おかげでディスクの中身は全て消えていました。ぼちぼちとの再をしておきます。あとはデータで同期をしてファイルを復元しておきます。

Windows11のライセンスはデジタル認証で元ののライセンスで認証しています。以前はプロダクトキーを探したものですが、今は簡単に認証してくれます。マイクロソフトに電話して認証してくれることもなくなりました。正しくライセンスを認証してアクティブになってくれたようです。これでいいのでしょうか?

マイクロソフト
¥14,770 (2024/02/29 19:58時点 | Amazon調べ)
マイクロソフト
¥21,964 (2024/03/01 13:20時点 | Amazon調べ)

自作PC用に一番左のWindows11のパッケージを実際に購入しましたが、問題なくインストールできました。Windowsは使うPCの分だけ正しくライセンスを購入しましょう。

壊れたADATAのSSDをWindows11のディスク情報で見ると1TBのはずが20GBしか認識しません。ハードウェア的に壊れたのでしょうか。

このADATAのSSDは5年保証なのでにコンタクトをとってみます。うまくすれば何かしらの保証が受けられるでしょう。

追記(2024年2月13日)

ADATAのサポートから返信がありました。製品をチェックするから送れということでした。チェックして不良だったら新しい製品と交換するとのことです。早速レターパックでSSDを送ります。

新しい製品を送ってくれなくても諦めがつきます。最初からメーカーサポートに期待してはいけません。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキング

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください