2台のカメラを修理に出して考えたこと。買い換えの妄想。

GR DIGITALとIXY DIGITALの2台を修理に出して考えたこと。もちろん買い換えたときに、何を買うか。

GR DIGITALはもちろん修理をお願いするとして、IXY DIGITALが修理できないとなると、手軽に使える家族のメモ代わりのカメラがなくなってしまいます。

「EOS20Dもあるし、何を言っているの!」と言われそうなのですが、やはりカメラは場合によって使い分けたいのです。

普段、チビたちを一緒にいると、GR DIGITALの単焦点では追い切れないときがあります。あと、キャンプに行ったときに外で雨に降られても気兼ねなく撮れるカメラとしてIXYのようなお手軽カメラが必要です。

そこで、IXYが修理できないとなって候補に挙がったカメラは、リコーのR10でした。GRでリコーのカメラがよく写ることもわかりますし、短いほうが28mmであることもいい。価格もこなれている。本当なら防水が必要ですが。

こうなると妄想はどんどん膨らんでいきます。

「EOS20Dもそろそろ古くなってきたことだし、デジタル一眼はどうするか? やはり新しいEOS50D? となると、こんなレンズも新しくつけて、EOS20Dはサブにまわす・・・。」

こうなったら妄想はますます膨らんでいきます。

「キヤノンはやめて、昔使っていたペンタックスにもどすか? 今手元にあるMレンズの28mm, 35mm,50mm,85mmの単焦点レンズも生かせるし、 K20Dはいいカメラだし, 昔のMXを彷彿させるK-mもいいなあ・・・。」

妄想は、際限なく膨らんでいきます。

「いっそのこと、一度も手を出したことのないニコンに行ってみるか。でもデジタル一眼がたくさん出ていてよくわからない・・・。」

しかし、ツレからの一言

「今度は何買うの?」

で妄想をパチンとはじけるのです。あまのじゃくな性格ですので、ダメと言われれば、どう買うかを考えるのですが、この一言で、頭が冷めてしまうのでした。