ErgoDox EZのキーマップをいろいろ自分用に設定してみた話し

昨日届いたErgoDox Ezのキーマップをいろいろ自分用に設定しています。

今は以下のようなキーマップにしています。

リターンキーとバックスペースキーは、、今までのキーボードを踏襲して右端に配置しています。どうも親指でのBSキーはダメでした。

レイヤー1のマウス関連のキーはあまり使わなそうなので隅に追いやって、HTMLの編集作業でよく使うマクロキーを配置しました。マクロキーは今使っている9キーのプログラムキーボードの配置を踏襲しています。

  • Save: 保存(Ctrl+S)
  • DW Up: DreamWeaverのサイトアップ(Ctrl+Shift+U)
  • DW Preview: DreamWeaverのブラウザプレビュー(F12)
  • Update: ブラウザ更新(F5)
  • ScreenShot: Snipping Tool起動(Shift+Win+S)
  • PS Resolution: Photoshopの画面解像度(Ctrl+Alt+I)

10のタスクビューの切り替えも、前ビュー/後ビューで切り替できるように設定しています。

あとは、ATOKに漢字変換のときにカーソルキーの配置が微妙に使いにくいので、何とかしなければいけません。今のように離したほうがいいのか、まとめたほうがいいのか、これから考えていきます。

また、Windows10のハードウェアキーボードを日本語キーボードの設定にしていると、キーの組み合わせの制約があるので、英語キーボードに設定し直したほうがいいかもしれません。これから、また調べてみたいと思います。

続きはこちらから