Mac Typeを使ってシステムフォントを変えてみた。

Windows8にしたら、どうもフォントが眠そうで(どう言ったらいいか・・・)気に入らないから変えてみた。特にウィンドウのメニューが気にくわない。以前はコントロールパネルでフォントを変更できたがWindows8になって変更できなくなっている。

そこで、中華版のソフトであるMac Typeをインストールしてみた。結果はデフォルトよりまあまあ見えるようになった。でも、全体に太すぎるみたい。太めのシステムフォントは好きだけど(大昔のWindows3.1のIBM版のシステムフォントは素敵だった)、これはちょっと太め。それとページによってはChromeのフォントが滅茶苦茶になる。

時間できたら少しずつ改善していこう。

Embedded Link

窓の杜 – 【REVIEW】Windows上のあらゆるフォント表示を劇的に美しくする「MacType」
「MacType」は、フォントのアンチエイリアス表示を強化するソフト。Windows XP/Server 2003/Vista/7および64bit版のVista/Server 2008/7に対応するフリーソフトで、作者のWebサイトからダウンロードできる。なお、インストーラーは中国語で表記されているが、ボタンの配置は一般的なインストーラーと同じなので、 …

+: View post on Google+

「Mac Typeを使ってシステムフォントを変えてみた。」への3件のフィードバック

  1. たしかに眠い感じでしたが知恵がないので放置してました.変えてみようとおもいます.ありがとうございました

  2. うーん。だんだん設定していくとひどくなってきた。一旦、元に戻す。
    しかしまあ、Windows8って何でこんなにフォントが汚いの? Chromeが特に汚い。Chromeのせいかなあ?

コメントは停止中です。