#ATOK クラウド辞典サービスはまだ遅いのね。

#ATOK クラウド辞典サービスはまだ遅いのね。

2013のプレミアム版を買ったので、ATOKクラウド辞典サービスというのが使える。語句の確定前にENDキーを押すと辞典を引いてくれるという機能。

便利なことは便利なのですが、ENDキーを押してからの応答が遅い。しばらく経ってから検索結果が出てくる。せっかくの機能だけど、これでは使いものにならない。

ATOKクラウド辞典サービスは2013から入ってきた機能だから、これから改善してくれることを期待する。せっかくプレニアム版を買ったので、ジャストシステムにはお願いします。

Embedded Link

日本語入力システム ATOK 2013 for Windows
8完全対応。タッチキーボードを快適にする操作性や入力支援の強化でスムーズな日本語入力を実現します。

+: View post on Google+

“#ATOK クラウド辞典サービスはまだ遅いのね。” への4件の返信

  1. クラウド辞典って・・常にクラウド上の辞書を参照しているんでしょうか。
    キャッシュをローカルに持つとかすればある程度のレスポンスはとれそうですが・・・

  2. キャッシュはしているようですが、すべてとはいけませんので、検索するたびにクラウドに見に行っています。この辺りの設定は見つかりません。

    ATOKクラウド辞典サービスをOffにすると、国語辞典なら大辞泉が使えなくなって、ローカルの大辞林だけになるようです。英和ならウィズダムがなくなってジーニアスだけになります。ローカルの辞書検索は速いので、今はクラウドをOffにしています。

  3. 以前のバージョン (って,v2009 くらいまでしかしらない) でローカルで保持していた辞書をサーバーに読みに行くようになったってことですかね…?

  4. プレミアムの電子辞書は大辞林とジーニアスで、ATOKクラウド辞典サービスを使うと大辞泉とウィズダムが使えるようになるようです。詳しくはATOKのサイトでご確認を。

コメントは受け付けていません。