PEARを使ってみましょう。

PHPの案件が中心になってきましたので、ここで改めてPEAR(PHPの標準ライブラリ)を勉強しなおしています。参考書は、「PEAR入門」です。

今までは、DBのアクセスかHTML_QuickFormくらいしかPEARを使っていませんでしたが、この本を読んでみると、なかなか便利なライブラリが用意されています。今度はAuthとPagerを使ってみたいと思います。やはり、便利なものは使ってみなくては・・・。

プログラマーはものぐさなんです。結局、Webサイトで理解するより、書籍のほうが理解しやすいなんて、私には電子書籍には慣れないようです。 :-(

がんばれプログラマー(自分)

大きな案件が入ってきました。

以前開発したコンテンツ配信のサイトの開発です。もっと配信するコンテンツを多くして、サービスを増やすことになりました。もっと大変なのは、決済方法を増やすことのこと。今まで開発したゴルフのゲームは、決済方法が12種類もあるというとんでもないサイトでした。これに比べればましかもしれません。スケジュールは年内目標という、これもタイトなプロジェクトになりそうです。

PHPをきれいに書ける(これは大事!)プログラマーを探さなくては・・・。

困ったジャンクメール

最近、ジャンクメールが増えてきました。

レンタルサーバーがサービスしているジャンクメールのフィルターで防いでいましたが、そのフィルターをすり抜けて届きます。メールソフトのThunderbirdでもジャンクメールの設定していますが、アドレスを変えて送られてきますので(同じ発信先であるとわかるジャンクメールが多数)、捕まえようがありません。

info@and-works.co.jpに対するジャンクメールが多いですね。このアドレスは公開されていますが、閉じるわけにもいけませんので、困ったものです。

VB.NETはあなどれない

最近、1ヶ月ほどVB.NETのプログラムの仕事をしました。一年半ぶりです。

しばらく、PHPなどのオープン系でプログラムを書いていましたが、VB.NETを改めて理解するとなんて簡単なんだと思うようになりました。特に、グリッドコントロールとデータセットをアサインするあたりは簡単です。データを扱うシステムですと必ずデータのメンテナンスのツールが必要になります。挿入・更新・削除をWebプログラムで作るととても面倒です。ここ辺りはクラスで作っておけば少しは楽になるかと思いますが、結局データをチェックするとか、画面周りをどうするかなど、まだまだ面倒な作業があります。

以前は、数十のデータベースのメンテナンス画面をPHPでWeb上で作成していましたが、これはとても大変な作業です。やっていることは簡単ですが、なかなか時間ばかりかかっておもしろくない作業です。 VB.NETですとあらかじめグリッドコントロールというものが用意されていますので、Visual Stadioの上でマウスで指示していけばある程度のメンテナンスページができてしまいます。しかも、ユーザーですとAccessと同じ使い方と言っておけば、使えてしまうのもいいです。

Eストアービジネスパートナーの登録完了

ニュースでも書きましたが、Eストアーとビジネスパートナーの登録が完了しました。Eストアーは、ウェブショップ構築のサービスを提供している会社です。

Eストアーで提供しているサービスは、レンタルサーバーの「サイトサーブ」と自社サーバーから決済機能を追加できるツール「ストアツール」の2つがあります。Eストアーで決済処理を行うメリットしては、次のようなことであると考えています。

  • Eストアと契約できれば、ほとんどのクレジットカード会社の決済が利用できる。コンビニ決済も可能。
  • 決済処理の追加がとても簡単。ゲームサイトで「ストアツール」を使って課金処理を作成してみましたが(サービス開始直前で無くなりましたが・・・ :-())、とても簡単に決済の機能が追加できました。
  • 決済ごとの手数料や月額基本料が安いということと、与信処理での手数料がいらない。
  • 現在運用中のサイトに決済処理を追加することができる。

一番大きいのは、現在運用中のサイトに決済処理を追加することができることです。他の大手のECサイトのサービスですと、必ずそのECサイト内で完結しないといけないとか、他にサイトにリンクしていけない(自分のサイトでさえも!)とか厳しい条件が科せられます。そうすると、わざわざそのECサイトに新しくサイトを構築しなければいけません。その点Eストアーで決済処理を行うのであれば、運用中のサイトをショッピングサイトとして構築することができます。これは、ECポータルサイト内にあるか、自社サイトで運用するかの考え方の違いかもしれません。 :-)

注意することとして、EストアーでWebショップを構築するには、物販のECサイトでなければいけないということが条件になります。サービスを提供するだけで物が動かなければ、Eストアーの契約審査で落ちる可能性があります。

以上、何かWebサイトで何か売りたいということがあればご相談ください。最後は営業モードでごめんなさい。

日本語ドメイン – アンドワークス.jp

以前取得した日本語ドメイン(アンドワークス.jp)がレンタルサーバーを換えたらアクセスできなくなっていました。現在のレンタルサーバーですと、一つのサーバーに複数のドメインを設定できませんし、転送サービスを調べましても日本語ドメインは不可といるところばかりでした。しかたないので、事務所にWWWサーバーを立てて転送するようにしました。

http://アンドワークス.jp/

http://www.アンドワークス.jp/

でアクセスすると、アンドワークスのサイト(http://www.and-works.co.jp/)に転送します。注意点としては、Mozilla Firefox, Netscape, Safari, Oreraでしたら、ブラウザに日本語ドメインにそのままアクセスできますが、Internet Explorerですとプラグインのインストールが必要です。JPRSのサイトから日本語ドメイン名プラグインi-Naviをインストールしてください。

おそらく、この辺りの面倒さが、日本語ドメインが普及しない原因の一つかもしれませんね。 :-(

これからのお仕事

昨日今日と新しいお仕事の打ち合わせをしました。

一つは、新しいサイトを立ち上げましょうと。中身はまだまだ固まっていません。もう一つは、ほぼ具体的になってきました。新しい技術を使って構築していきますので、楽しみです。あともう一つ仕事が入りそうです。これは以前作成したシステムの横展開になります。詳しいことは話せないのは残念ですが。

このように仕事があるときには、重なってしまうのは仕方がないですね。がんばなければ・・。 :-)

PHP-STATS

PHPで解析されたアクセス解析ソフトPHP-STATSをインストールしてみました。PHP+MySQLが動いていれば、ものの5分でインストールが完了します。解析するサイトにJavaScriptを挿入すれば完了です。XOOPSで構築されたサイトですと、テーマにJavaScriptを設定すれば OKです。詳しいインストール方法は、PHP-STATSのインストールガイドをご覧ください。

PHP-STATSからは、ユーザーの足跡を追うことができます。一人のユーザーがどの順番でページをたどっていったかがわかります。あと、おもしろいのは、検索サイトからどのような検索キーワードで検索したかもわかります。アンドワークスのサイトに、意外なキーワードでアクセスされているのはおもしろいです。

PHP+MySQLが動作しているサイトであれば、とても簡単に導入できますし、ある程度はサイトの傾向がわかりますので、PHP-STATSを利用することはお勧めです。

マウスの不良

先日購入したロジテックのレーザーマウスが充電できなくなりました。充電台に何回も何回も乗せていれば、そのうち充電できるようになりますが、そのうち充電切れになってしまいました。

仕方なく、ロジクールのサポートに不良品である旨を連絡してしましたら、マウスを送って欲しいとのことでした。着払いで送ったところ、2日で新品を送ってもらえました。とても、素早い対応でした。面倒がらずに言ってみるものですね。

ようやく一段落

なかなか、このプログが更新できないのが残念です。時間がないと言い訳するのは簡単ですが、皆さんは時間を作って更新しているのですね。

さて、案件も一段落して、最近の仕事を見直してみました。細かい仕事が多かったですね。月額でサポートしている案件とか、請求書も切れない小さい仕事とかが多かったです。

中でも、せっかく開発しても運用されていないシステムとか、サービスが開始する前に終わったしまった案件とかがあって、これはとても残念です。開発しているときは、お客さんとあれこれ売上が上がるような企画とか、お客さんのお仕事が楽になる機能などを提案していきましたが、これが日の目を見ないということは、とても悲しいことです。ただし、これも経験ということで、次に役に立つかもしれないということの期待です。