レッツノートをWindows7にアップグレード

Vistaを再インストールしたレッツノートをWindows7にアップグレードした。Vistaはビジネス版だったのでWindows7はプロフェッショナル版を買ってきた。

アップグレードの作業は時間がかかったが簡単だった。レッツノートR7の場合、モデムのドライバを削除しただけ。VistaでWindows7 のアップデートプログラムを起動して、あとは指示にしたがって行くだけ。勝手にリブートを何回かしてくれる。

この簡単さは、さすがマイクロソフトなんでしょうな。トラブル無しにVistaの環境を引き継いでくれる。パナソニックのサイトで配布しているレッツノートR7のドライバを念のためにアップデートをしておく。Wi-fiも正常にパスワードの再設定しないで接続できた。

アップデートして間もないので、Vistaとの違いはまだわからないないが、直感的には入力がもたつかずに快適になった。早いところ、Window7にアップデートしておけばよかった。

+: View post on Google+

“レッツノートをWindows7にアップグレード” への2件の返信

  1. 7はタフです、僕ら素人が扱っても
    少々の事では異常は起きません、其れに兎に角
    軽い、Vistaには苦労させられたけど、此奴は快適です。

  2. 時間が経てば徐々にWindows7への移行のトラブルがあるかもしれませんが、今のところ問題なく動いていて大丈夫のようです。

コメントは受け付けていません。