ひさしぶりにWindows XPを起動してみたら、アップデートがたくさん。

目白のオフィスで使っているPCは、WindowsXPとUbuntuのダブルブートになっています。いつもは、Ubuntuで使っています。たまには、WindowsXPを立ち上げてみようと動かしてみたら、アップデートがかかるかかる。これでだけで一作業。Ubuntuなら、パッケージマネージャーでインストールしていれば、一発でアップデートかかるのに。

  • Defense
  • Adobe Reader
  • ESET Smart Security
  • Chrome
  • Java
  • Thunderbird
  • Firefox
  • TweetDeck
  • ATOK
  • Eclipse

もちろん、Windows XPのアップデートも。この一覧で、自分がいつも使っているソフトが分かってしまいます。

ネットワーク経由でアップデートできるので簡単でいいのですが、中には再起動しなければいけない面倒なソフトもあります。ATOKはOSに近いので再起動するのはわかりますが、どうしてAdobe Readerごときが再起動しなければいけないの? アップデートの時間が結構かかるし、違うPDFリーダーのソフトを探したほうがいいかな。

以上、アップデートするためにPCを使っているようで、ちょっと残念かもしれない。

投稿者:

avatar

ando

50過ぎてもプログラマーの気持ちを忘れない。