5丁目通信(仮称)

とある5丁目で活動する還暦間近のWebプログラマーの覚え書きです。それとかかってくる迷惑電話や、家業のアパート経営について。

BackWPupプラグインが致命的なエラーを起こしてWordPressサイトがアクセスできなくなった話し


このサイトはWordpressで構築されていますが、今朝アクセスできなくなっていました。エラーはこんな感じです。適当にディレクトリ名は隠しています。

Fatal error: require(): Failed opening required '/home/(ユーザー)/www/(サイト)/wp-content/plugins/backwpup/vendor/composer/../amphp/amp/lib/functions.php' (include_path='/home/(ユーザー)/www/(サイト)/wp-content/plugins/backwpup/vendor/pear/pear_exception:/home/(ユーザー)/www/(サイト)/wp-content/plugins/backwpup/vendor/pear/console_getopt:/home/(ユーザー)/www/(サイト)/wp-content/plugins/backwpup/vendor/pear/pear-core-minimal/src:/home/(ユーザー)/www/(サイト)/wp-content/plugins/backwpup/vendor/pear/archive_tar:.:/usr/local//7.4/lib/php') in /home/(ユーザー)/www/(サイト)/wp-content/plugins/backwpup/vendor/composer/autoload_real. on line 59

このサイトで重大なエラーが発生しました。

WordPress のトラブルシューティングについてはこちらをご覧ください。

エラー表示を見るとBackWPupプラグインが悪さしていることが想像つきます。

素直にWordPress のトラブルシューティングのページを見ています。解決方法がズバリ書かれています。まずはプラグインの無効化です。

phpMyAdmin でMySQLデータベースにアクセスして(MySQLデータベースのサーバー、ID・パスワードを探すのに手間取った)、トラブルシューティングに書かれている通り

  1. wp_options テーブルの option_name カラム (フィールド) で active_plugins という行を見つける
  2. option_value フィールドの値を a:0:{} に変更する

を実行して、サイトにインストールされているすべてのプラグインを無効化します。

今度は正常にアクセスできました。プラグインが原因のようです。念のために一つずつプラグインを有効化して、どのプラグインがエラーを発生させているかを確認していきます。

やはりBackWPupを有効にするとエラーになります。再度プラグインを無効化してBackWPup以外を有効にします。

BackWPupを一旦削除して再インストールしてみます。今度はエラーが出ません。

気になるのは、エラーになったBackWPupのバージョンが4.0と表示されていました。しかし、BackWPupの最新版は3.10なのです。プラグインの自動アップデートが、おかしなバージョンを配信してしまったのでしょうか?

再インストールしてみると今度はバージョンが3.10になっています。今までのバックアップ設定も残っていたのは助かりました。設定が初期化されていたら、最初から設定しないといけないので面倒なくてよかったです。

以上でWordpressのサイトで致命的なエラーになる件は解決です。

なんやかんやでWordPressのサイト構築で躓くのは、PHPのプログラミングなのでした。

追記(2022年11月20日)

BackWPupプラグインは正常にバックアップを実行していました。

続きの話しはこちらから

同じようなエラーでしたが、WP-SCSSプラグインが原因でした。


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。