5丁目通信(仮称)

とある5丁目で活動する還暦を過ぎたWebプログラマーの覚え書きです。それとかかってくる迷惑電話や、家業のアパート経営について。

WordPressのサイトの表示が遅い原因をいろいろ調べてみた話し


WordPressで作っている自分のブログサイトを、改めて速度など気にしてみた。

Chromeでアクセスすると、次の動作をしたいとき引っかかりを感じる。Chromeは最後までJSとかCSSの外部ファイルをすべて読み込みを完了しないと、次の動作ができないのか? IEやFirefoxは表示してしまえば、外部ファイルを読み込んでいる途中でも、ページスクロールも可能だった。これは思い違い?

さて、WordPressのブログサイトでは、FaceBookのいいねボタンを再生するところで引っかかっているようだ。しかし、他のサイトでは同じくいいねボタンを表示させいても、そんなこともない。この辺りのSNSのボタンはWP Social Bookmarking Lightプラグインで表示している。このプラグインを外すと速くなる。WP Super Cacheが効いてなさそう。

ということで、あまりにも遅くなったらWP Social Bookmarking Lightプラグインを無効にしておくことにする。その他、いろいろと原因がありそう。

Google+: View post on Google+

著:久保田涼子, 著:西原礼奈, 著:阿諏訪聡美
¥2,399 (2024/04/08 13:48時点 | Amazon調べ)

なんやかんやでWordPressのサイト構築で躓くのは、PHPのプログラミングなのでした。

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキング

“WordPressのサイトの表示が遅い原因をいろいろ調べてみた話し” への1件のコメント

  1. Mune Andoのアバター

    やはり遅いので、WP Social Bookmarking Lightプラグインを無効にしておく。