さくらインターネットで動いているWordPressのサイトが遅いときの対応の話し

このブログはさくらインターネットのレンタルサーバー上でWordpressを使って運用しています。今、とてもアクセスが重くなっています。ですので、今はさくらインターネットをレンタルサーバーとしてお勧めしていません。Internal Errorとかが多すぎます。

いろいろ見てみると、普通にユーザーがアクセスする分には問題はありません。管理画面に管理者でログインしていると遅いようです。ログインしているとキャッシュがきかないので遅いのでしょう。ということは、データベースの参照に時間がかかっているかと予想しています。そういえば、投稿するときにタグの一覧が出てこないとか、細かいところでデータベースにアクセスしに行ったときにときに問題があるようです。その場合は、ブラウザを再読み込みすると、正常に戻るときがあります。

以上は、あくまでも状況からの予想ですので、はっきりした原因はわかりません。もしかしたら、こちらのWordpressのサイトの問題かもしません。おそらく、さくらインターネットのサポートに言っても、そんな回答になるのが落ちでしょう。

問題が出ているときには、Internal Server Errorが出たり、Webサーバーのエラーログには

End of script output before headers

が出力されています。このあたりから解決のヒントになるかもしれません。

さて、どうするかというと、しばらく放っておけば時間が解決してくれます。それかブラウザを再読み込みを何回かするかです。共有のレンタルサーバーですので、仕方ないかもしれません。

根本的な解決としては、さくらインターネットから抜けて他のレンタルサーバーに移ればいいのですが、それも面倒なので今はやめておきます。しかし、将来的にはどこかに移行するとを考えないといけないのでしょうね。

なんやかんやでWordPressのサイト構築で躓くのは、PHPのプログラミングなのでした。

ですので、下記のサポートの記事には、いろいろ速くすることは書かれていますが、通常の設定では余裕がなさそうなので、現時点ではさくらインターネットのレンタルサーバーはおすすめしていません。

本当にさくらのレンタルサーバは遅いのか!? ~さくらのレンタルサーバでPageSpeed Insights モバイル100点を取るまでの道のり第1回~

さくらのナレッジ

Related posts