カテゴリー
オープンソース

しつこくwp-envで試してみたら、WordPressのGutenbergの再利用ブロック一覧は 10個以上表示していたので解決できた話し

WordPressのGutenbergの再利用ブロック一覧は 10個以上表示されないという障害ですが、気になりだしたら停まらなくなりましたので、しつこくwp-envで試してみました。今度は正常に表示されていました。

wp-envは、Dockerを使って簡単にWordpressの開発環境を作成できてしまいます。DockerとNode.jsがインストールできていれば、コマンド2発(インストールと起動)でWordpressが起動できます。詳しくはwordpress.orgのサイトを参照ください。

最初は、wp-envが起動したWordpressのバージョンも一緒なので、何かおかしいかわかりませんでした。気になるのはwp-envでは、Gutenbergのプラグインがインストールされていなくても、編集画面がGutenbergになっていました。そこで、自分のサイトのGutenbergを無効にしてみました。

すると、何ということでしょう。正常に再利用ブロックが10個以上表示されるようになりました。画面はGutenbergのブロックエディタのままです。これで無事に解決です。解決方法がGutenbergプラグインを削除することなんて全く気が付きませんでした。何てオチなんでしょうか・・・。

こう再利用ブロックを見てみると、Amazonのアフリエイト広告ブロックばかりですな。

しかしながら、今はGutenbergのプラグインはインストールして有効にする必要はないのでしょうか? すでにWordpressにGutenbergは組み込まれていると言うことなのでしょうか? Gutenbergがリリースされてから、Gutenbergプラグインをずっとインストールをしていました。

今度は、記事を書いている間に自動保存が動いて、ずっと更新中になってしまうというのは直っていません。こちらもこれから調べていかなければいけません。

とりあずの回避策としては、記事を念のため一旦クリップボードにコピーしてブラウザの更新ボタンを押します。ブラウザから「サイトを再読込しますか?」という警告(Chromeの場合)が表示されますが、そのまま「再読込み」ボタンを押します。次に「バックアップから復元」ボタンが左上に出てきますので押せば元に戻ります。

続きはこちらから

「しつこくwp-envで試してみたら、WordPressのGutenbergの再利用ブロック一覧は 10個以上表示していたので解決できた話し」への1件の返信