カテゴリー
オープンソース システム関連

WordPressの投稿の保存があまりにも遅いのでデータベースの最適化をしてみた話し

このWordpressのサイトで投稿を保存するときに、たまらなく遅くなってきました。MySQLのデータベースをバージョンアップしても変わりません。

そこでMySQLに格納されている投稿データを最適化してみることにしました。最適化といっても、投稿のリビジョンを削除するだけです。十数年Wordpressを使っていますが、リビジョンの機能が追加されたのはいつのことでしょうか? 全くリビジョン管理をしていないので、追加しっぱなしになってデータベースが肥大化しています。

投稿のリビジョンを削除したのは、Optimize Database after Deleting Revisionsというプラグインです。こちらのサイトを参考にして実施してみます。

WordPressのリビジョンとデータベースを最適化 Optimize Database after Deleting Revisionsの設定と使い方 | ウインドミル

ここのサイトはこの情報以外に、PDFでの電子証明書についての情報が記載されて有用なサイトであるが、最近更新頻度が落ちているのは残念である。

SQLを実行してMySQLのデータベースからリビジョンを削除することもできますが、スケジューリングして普段でもリビジョンを削除してくれますので、新しくプラグインを追加することを避けたいのですが、簡単なのでOptimize Database after Deleting Revisionsを導入しました。

リビジョンを削除した結果なのですが、Optimize Database after Deleting Revisionsでリビジョンを削除する前にOptimizeを実行しておけばよかったのですが忘れてしまいました。データベースのバックアップのサイズの削除前と削除後では、およそ3分の1に減っていました。この位、データベースにリビジョンで埋まっていました。

さて、肝心の投稿の更新の実行時間ですが、以前とあまり変わらない残念な結果でした。

その他、対策を考えて行きましょう。最悪は、現在サイトを動かしているさくらインターネットのレンタルサーバーから他のサーバーに移ることでしょうか? 

最近のさくらインターネットは遅くなっているのかな? サーバー自体かデータベースか、それともインターネットの回線か?

さくらインターネットのお安いレンタルサーバーの契約ではダメなのかな?

「WordPressの投稿の保存があまりにも遅いのでデータベースの最適化をしてみた話し」への1件の返信