電動アシスト自転車ってパンクが多いような

息子から電話でSOSが入った。駅に向かう途中で自転車がパンクをしたそうな。

腰の軽い親父はすぐに代わりの自転車を乗ってかけつける。なんて過保護で便利な父親だ。

その足で自転車屋に持ち込む。見てもらったら、後輪のスポークが5本ほど折れていた。店員さんによると、一本外れると他に負担がかかって他も折れてしまうそうだ。おかげで後輪を全取っ替えとなった。純正品ではないけど、後輪の在庫があった。工賃含めて15,000円の出費なり。

スポークが折れるのは初めて。でも、パナソニックの電動アシスト自転車が3台あるけど、これで全部の自転車3台ともパンクしたことになる。それにしても多いよな。

自転車屋さんによると、電動アシスト自転車って後輪への負担が大きくて、アシストなしの自転車よりもパンクしやすいそうだ。だけど、パナもパンクしにくいタイヤとかチューブにしてくれればいいのにな。それではコストがかかってしまうのかな。

それよりも普段の空気圧チェックが必要だな。うちの連中は乗りっぱなしだし。

“電動アシスト自転車ってパンクが多いような” への2件の返信

  1. そういえば、ノーパンクタイヤ売ってますね。
    ホイルもスポークじゃない奴もあるし、そう言う事情だったんですね。納得。

  2. スポークが折れたというのは初めてです。最初は誰かが切ったと疑ったけど違うみたい。息子がスポークが1本外れたまま知らないで乗っていたのが原因。まあ、2年で外れるようなスポークの車輪というのがそもそもの原因かもな。

コメントは受け付けていません。