5丁目通信(仮称)

とある5丁目で活動する還暦を過ぎたWebプログラマーの覚え書きです。それとかかってくる迷惑電話や、家業のアパート経営について。

git pullでデブロイできるようにした話し


結局、デブロイで参考にしたのは、ここのサイト。

http://transrain.net/blog/2011/04/05/211200

ものすごくシンプル。Apache側でbitbucketからしかできないようにとかしたけど。

でsystem()からシェルスクリプトを実行できない簡単なことに悩んだ。スクリプト名が間違えていたとか単純なミスから、実行権限のが甘かったとか、原因いろいろ。

でも、これだと何でもかんでも pullするとデブロイしてしまうのよね。特定のブランチだけgit pull したときだけ、デブロイするように限定しないといけないな。DBの更新もシェルスクリプトから実行しているので重い。BitBucketのフックで限定できないみたいだから、PHPの側で何とかしないといけないか。

著:湊川あい, 著:DQNEO
¥2,208 (2024/02/22 13:17時点 | 調べ)
著:リック・ウマリ, 翻訳:吉川邦夫
¥3,247 (2024/02/15 11:18時点 | Amazon調べ)

Reshared post from +Mune Ando

bitbucket-syncはgit pullで持ってくるのではなくて、ZIPファイルをダウンロードして展開してくれるのね。bitbucket-syncで検索すると、コピペのごとく同じ内容が出てくるけど、そこまで書いてくれない。

ロリポップのサーバでbitbucket-syncを使用して自動デプロイの環境を構築する – darudaru
のプログラムを修正する場合に、ローカルで修正して、scpでサーバにファイルをコピーして、公開ディレクトリにコピーして・・・とだいぶ手間がかかってしまっていたので、自動デプロイできる環境をbitbucket-syncを使って構築することにしました。 ゴールは、リポジトリにpushしたら本番まで反映されるという環境を作ることです。 では、いきます。 環境 サーバ:ロリポップ 使用:Mac プログラム管理:Bitbucket 事前準備 Bitbucketのアカウントとデプロイするリポジトリの作成 設定方法 1.bitbucket-syncをダウンロードする bitbucket.…

View this post on Google+

ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキング