WindowsでのBerkshelfのインストール成功

Berkshelfがインストールできない」と書きましたが、ようやくインストールできました。

原因は、Berkshelfのバージョンでした。大抵Vagrant+Chefで簡単に仮想サーバーが設定できるよ、と書いているサイトは、

gem install berkshelf

とインストールしろ、と書いていますが、Berkselfの最新版をインストールしようとます。これだと途中で Failed to build gecode libraryでビルドで失敗します(この関係するdep-selector-libgecodeというのが何であるのはさっぱりわかりません)。

以前インストールに成功したときのBerkselfのバージョンのメモが残っていました。2.0.14で成功していました。現在の最新版は、rubygems.orgのサイトを見ると3.0.1でしたので、2の系列の最新版は、2.0.15ですので次のようにBerkselfのバージョンを指定してインストールします。

gem install berkshelf -v 2.0.15

これでひとまずBerkselfのインストールは成功です。おそらくWindowsの上でBerkselfを動かそうとするのが問題のようです。

やはり、作業手順を残しておいた方が、後々トラブルの解決になります。

ちなみにRubyは単体ではインストールせずにChefクライアントに同梱しているRubyを使います。

追記

もっとキチンとしたやり方で berkshelf 3.0 をインストールできた人がいました。

Windows(RubyInstaller) + berkshelf 3.0 をインストール(dep-selector-libgecode問題)

しかし、こんな面倒なことをしくないので、このままでいいや・・・。

追記2(2014年10月8日)

CakePHPで学ぶ継続的インテグレーションによると、Windowsでは、ChefDKが簡単と書いてあった。ChefDKをインストールすると、BerkshelfなどのChefに関するツールがまとめてインストールしてくれるので、gemとか訳のわからないRuby関係のインストールをしなくていいので、WindowsですぐにChefの開発環境を揃えることができます。

投稿者:

avatar

ando

50過ぎてもプログラマーの気持ちを忘れない。

「WindowsでのBerkshelfのインストール成功」への1件のフィードバック

コメントは停止中です。