Windows8.1のスタート画面に無理矢理慣れさせる

8.1になってスタート画面をいろいろをカスタマイズできるようになったそうで、自分用に使いやすいようにしてみて、スタート画面を使ってみることにしてみます。

今まではStart Menu 8というWindows7のようなスタートメニューを使えるユーティリティーをインストールしたが、このままではだめだと思って、無理矢理体をWindows8.1のスタート画面に慣れさせます。

スタート画面を何とかしなければいけません。今まで放っておいたので、たくさんアイコンが並んでいます。これを使いやすいように整理します。

グループというのが使えるので、よく使うアプリケーションのアイコンをグループごとに整理します。マイクロソフトが用意してくれているWindows8のタブレット系のアプリは右側の遠くのほうに追いやります。しかしながら、グループをまとめて移動できないものなのでしょうか? いちいり一つずつアイコンを選択したから移動してあげなくていけません。

グループ名も付けていおきます。どういう訳か日本語が入力できません。私のPCだけでしょうか? 適当に英語で入れておきます。

アイコンの大きさも変えられるようですが、中と小しか選択できません。これも私のPCだけでしょうか? だんだんとWindows8.1に不信感がつのります。

何かと整理が終わって、Start Menu8を停止します。これで、Windows8.1のスタートメニューを使わなくてはいけなくなりました。これからは辛抱との戦いです。文句を言っている前に体に憶えさせなければいけません。

だけど、今使っているのはデスクトップのアプリケーションだけなのですよ。しかも、今まで通りマウスで。

スタート画面 – Microsoft Windows
スタート画面 (以前の [スタート] メニューに代わる)、アプリのピン留めや並べ替え、サイズ変更、タイルのグループ化について説明します。

“Windows8.1のスタート画面に無理矢理慣れさせる” への6件の返信

  1. あー憧れの機械でした。
    その頃の職場のパソコンと言ったらミドリの文字とかオレンジの文字だったのに、カラーが表示されてたのがオドロキだった。

  2. その当時は40〜50万しましたよね〜。
    高嶺の花だったな〜。
    その当時 プラズマディスプレイ ダイナブック40Mを40万で売ってました。ロータス123と一緒に。

コメントは受け付けていません。