5丁目通信(仮称)

とある5丁目で活動する還暦間近のWebプログラマーの覚え書きです。それとかかってくる迷惑電話や、家業のアパート経営について。

Windows8.1で起動できなくなった話し


CDのラベルを印刷したくてHPのプリンタのソフトを再インストールしたら、8.1が起動できなくなりました。Windows8にして初めてブルースクリーンを見ました。

Windows8はF8でセーフモードに入れないのですね。これも初めて知りました。何となく修復メニューに入れましたので(入れない場合もありました)、セーフモードで起動。こちらは起動できました。

よくメッセージを見ると、epfwwfp.sysが何かトラブルになっています。epfwwfp.sysは、 Smart Securityのパーソナルファイヤーウォールのドライバらしい。Googleさんに聞くと、同じトラブルに合っている海外の人を発見。

unable to boot to windows 8.1. Get the Blue Screen Error: – Microsoft Community

epfwwfp.sysを削除しろ、と書いています。何だか危ない。

その前に、ESETをアンイントールしてみます。しかし、セーフモードはアンインストールのプログラムを起動できないのですね。仕方ないので、epfwwfp.sysを削除します(実際はリネーム)。

すると、無事に起動できました。ここまで悩んで2時間かかりました。

あとはESETを一旦アンインストールして、再度インストールします。

しかしながら、 Smart Securityは、8.1には対応しているはずなのに、どうしてだろ? HPのプリンタは関係ないしな。

View this post on Google+

自作PC用に一番左のWindows11のパッケージを実際に購入しましたが、問題なくインストールできました。Windowsは使うPCの分だけ正しくライセンスを購入しましょう。


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。