RTX810でぷららIPv6の接続

ヤマハの以下のページを参考にして、RTX810でぷららのIPv6をPPPoEで接続してみた。

http://www.rtpro.yamaha.co.jp/RT/FAQ/FLETS-HIKARI-NEXT/ipv6_pppoe.html

show ipv6 address lan1 と show status ipv6 dhcp で何か正しいそうな値が返ってきたので、問題なく接続できた(と思う)。

ぷららのIPv6サイトに書いているようにIPv6トンネル対応アダプタは必要なく、RTX810だけで大丈夫だった。

しかし、問題としては、フレッツ光ネクストのセッションが2つしか使えないこと。1つはぷららのIPv4、もう一つはダブルルートオプションでIIJにつないでいるので、すでに2つのセッションを使用中。本当に使うのならは、工事料金1,000円月額300円のフレッツ・セッションプラスを契約する必要がある。そこまでやる必要があるのか? フレッツ・セッションプラスを契約するくらいなら、ダブルルートオプションはIPv6には対応未定ということで、ぷららとは別のプロバイダにに乗り換えて、もっと安い固定IPアドレスのサービスにしたほうがいいかもしれない。

一番の問題は、IPv6を使って何ができるか。今のところ、私が使っている範囲ではIPv6でなくてはダメな場面はないし、IPv6がなくても全く問題なし。みんなそんなところではないかなな。裏でひかり電話が使っているかもしれないけど。

とIPv6はダメダメと言いながらも、これからキチンと見ていかないといけないから、IPv6は勉強しながらいろいろ試していく必要があるかもな。その前にフレッツのインターネットプロバイダは、早いところIPv6に対応してくれないのかな。対応しているのは一部のISPだけ。ぷららのIPv6のページは、とてもやる気がなさそうだし。いくらこちらがIPv6にやろうと思っても、今の現状は難しいだろうな。