カテゴリー
システム関連 覚え書き

Google AppsがiGoogleに対応していた。

広告

今、無料のGoogle Appsを使っていますが、最近契約するとスタートページが使えないと聞きました。私は昔契約したので、スタートページを使えます。

今日、引っ越し先の会社さんにGoogle Appsを提案して説明している最中にドメイン管理ページを見てみると、iGoogleが使えるようになっていました。

iGoogleを使えるように設定してみると、自動的にスタートページをGoogleに変換してくれました。多少デザインが変わってしまいますが、結局できることは同じなのであまり影響はなさそうです。

ただし、ドメイン管理のリンクがGmailのページしか出てこないのが不便かもしれません。まあ、これもあまり影響はありませんね。

広告

「Google AppsがiGoogleに対応していた。」への1件の返信

avataravatarメジロ通信(仮称) » Blog Archive » これからGmailにしてみよう。の発言:

[…] 最後の問題は、Google AppsのiGoogleから、httpsの関係でGmailの一覧が見えないこと。以前も書いたが、まだ解決策は見つからない。 […]

コメントは受け付けていません。