住んでいる地域は地震があると自動的に停電になる地域なのかな? という記事の話し

先日の地震では自宅は、この記事の通り停電になりました。

しかし、この記事の中に

「震源地に近い複数の発電所が緊急停止し、電力供給が低下したことから、大規模な停電を防ぐため、自動的に一部地域を停電させるシステムが作動した」という回答があったとのことです。

とありますけど、一部地域というのは毎回停電するのは同じ地域なのかな? システムで停電が決められていた地域となると、この日吉、綱島エリアは停電すると業務に支障となる病院とか工場とか、ましてデータセンターとか置けないということなのかな? マンションも怖いのよね。最近は大規模なマンションが建てまくっているしね。マンションに住む人って、住む地域が停電しやすいとかわかって住んでいるのかな?

でも、停電の原因で私の予想したのは、この地域のなかに大きな変電所(発電所ではない)が2つあるからと思っていた。一つは東京電力で研修所もある大規模変電所で、もう一つはJR東海の新幹線の周波数変換の変電所(これがテロ攻撃に遭ったら新幹線は止まる)です。この変電所があるから周辺が停電するかと思っていました。

その辺を東京電力はハッキリさせないと、企業の誘致なんてできませんし、マンションなんて怖くて住めませんね。横浜市の行政の人たち大丈夫かな?

そう言えば、東日本大震災のとき、こちらの地域は停電になって川向こうの地域は大丈夫だったってことがありました。もちろん、計画停電も実施した地域でした。

Related posts