5丁目通信(仮称)

とある5丁目で活動する還暦間近のWebプログラマーの覚え書きです。それとかかってくる迷惑電話や、家業のアパート経営について。

昨日のCakePHPでhasManyでの検索の続きの話し


昨日のCakePHPでhasManyでの検索の続きです。うまくいったと思いましたが、検索結果に重複項目があります。hasManyのモデルにまともにSQLを実行したら重複するのは当たり前ですね。

そこで、pagenate()でページングの処理をしているので、コントローラーのメンバー$pagenateのfieldsに、キーとなる項目にDISTINCTを付けてみる。これで、重複されなくなった。

しかし、新たな問題。検索個数が合わない。こちらもcount(*)になっているところをcount(DISTINCT キー項目)にすればいいのだけど、$pagenateのfieldsからは影響されないようでした。

いろいろ調べてみると、やはりありました。ここです。モデルにpaginateCount()を定義してあげればいいのでした。pagenate()のソースを見ると、モデルにpaginateCount()があるかどうかをチェックして、あればpaginateCount()を実行してくれます。無ければfindCount()を実行します。ここはSQLをゴリゴリ書いて、該当する条件でレコード数を返してあげるようにしました。配列に格納されている条件は次のようにWHERE句に変換できます。

$Db = ConnectionManager::getDataSource($this->useDbConfig);
$where = $Db->conditions($conditions);

これで、重複せずに検索結果を表示できました。

いまいち具体的な説明ではないので、もしご興味ある方はコメントに入れてください。

,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。