今日も知らない不動産会社から電話があった話し

今日も知らない不動産会社から電話があったけど、その中で出てきたワードが閉鎖登記簿。閉鎖登記簿を見て電話をしてきたそうだ。閉鎖登記簿って何のことかと調べたら、電子化する前の紙の古い登記簿のことのようだった。

しかし、閉鎖登記も閲覧するのに手数料がかかるはずだけど、電話をかけてきた人はいくらかかっているか知らないと言う。資料部がまとめて登記簿を取っているからだという。

その会社の名前からGoogleさんに聞いてみたら、ホームページが出てこなかった。あるのは他社の求人情報サイトくらい。そこに住所があったのでGmapで見ると雑居ビルの2階。とても小さいな会社。資料部があるとは思えない。

おそらく登記簿は自分で取っているのでなくて、どこかの業者から買っているのだろうな。いちいち住所を特定して法務局で閲覧なんてコストがかかってしょうがない。

登記簿なんて個人情報ではないので、アクセス自由なんだろうな。こういった問い合わせは防ぎようがない。後は不動産の上部団体にチクるくらいしかないだろうな。


This post has been reshared 1 times on Google+
View this post on Google+

以上の迷惑電話撃退の商品は、ナンバーディスプレイの契約が必要のはず。高齢者への詐欺電話を防止するためにも、NTTはナンバーディスプレイを無料で提供すればいいのにと本当に思う。発信者通知は迷惑電話をかけてくる輩は嫌がるので、ナンバーディスプレイは迷惑電話防止になる。ナンバーディスプレイに契約して対応した電話機ならば、発信者番号を通知しない詐欺電話は非通知になって拒否されるので安心である。

続きはこちらから

2件のコメント

  1. アクセス自由だからって登記簿から電話するな、ですわ。

    どこかの党でセールス電話禁止法なんてやってくれないかな。

コメントは受け付けていません。