またまた知らない不動産会社から電話があった話し

こちらの話しの続き

今日も知らない不動産会社から電話があったけど、若いお兄ちゃんから色々情報を引き出してみた。

法務局の登記簿から調べているとのこと。閲覧の手数料はお客からの取引手数料から出る経費だから不動産会社にとっては痛くも痒くもないそうだ。

登記簿には電話番号が載っていないので、あるソフトから調べているそうだ。ここでこれ以上取引にならないからって電話を突然切られました。おそらく電話帳データのソフトを使って住所でマッチングしているのではないかと思うけど。

まあ、登記簿の情報を使ってセールス電話をするのはいい加減やめて欲しいよな。その不動産会社との会話は録音しているし担当者名も聞いたし、会社も特定できた。

View this post on Google+

以上の左の商品は来客を知らせるピンポンを鳴らして迷惑電話を遮るだけのアイディア商品である。右2つの迷惑電話撃退の商品は、電話機に接続して着信番号を表示するのでナンバーディスプレイの契約が必要のはず。高齢者への詐欺電話を防止するためにも、NTTはナンバーディスプレイを無料で提供すればいいのにと本当に思う。携帯電話は無料で着信番号表示をしているので固定電話でもできるはず。だったら、高齢者もスマートフォンを持たせるべきか悩むところだが、今までの電話番号を使えなくなるのは不便であるし。携帯電話の回線を使った固定電話のように使えるサービスがあるが、なぜか番号表示は有料のサービスになっているのは不思議なのである。発信者通知は迷惑電話をかけてくる輩は嫌がるので、ナンバーディスプレイは本当に迷惑電話防止になる。ナンバーディスプレイに契約して対応した電話機ならば、発信者番号を通知しない詐欺電話は非通知になって拒否されるので安心である。これで詐欺電話は随分と減るので、ナンバーディスプレイはお薦めなのである。

2件のコメント

  1. セールス電話ってなくなればいいのに思うのですよ。必要だったらこちらから連絡するしな。

コメントは受け付けていません。