5丁目通信(仮称)

とある5丁目で活動する還暦間近のWebプログラマーの覚え書きです。それとかかってくる迷惑電話や、家業のアパート経営について。

baserCMS を使い始めたけど、スマートURLでつまずいた話し


次回の案件で、baserCMSをプラットホームに使いたくインストールしました。サーバーも簡単に手に入れるため、Vagrantでサーバーを立てました。

baserCMSのインストール自体は簡単ですが、システム設定でスマートURLをオンにすると、アクセスできなくなりました。Vagrantだからサーバー関係のインストールは、何もしなくても大丈夫だろう思ったのが落とし穴でした。

スマートURLというのは、CakePHPでのindex.phpを隠して、/コントローラ名/アクション名/できれいなURLでアクセスできるURLリライティングの機能だと思います。CakePHPのURLリライティングは、Apacheだったらmod_rerwiteと、.htaccessが許可されていることが必要です。CakePHPのドキュメントが参考になります。nginxでの説明もあります。

結果としては、今回のVagrantで起動されたサーバーは、.htaccessは許可されていませんでした。そこで、/etc/httpd/conf/httpd.confを書き換えます。<Directory “/vagrant”>を探して、その中の

AllowOverride None

AllowOverride All

にします。Apacheを再起動して完了です。これでうまくアクセスできるようになります。これで、次のステップに進みます。

baserCMSで最初に AllowOverride None にしているのは、何か意図していることがあるのでしょうね。

なんやかんやでWordPressのサイト構築で躓くのは、PHPのプログラミングなのでした。

ブログランキング・にほんブログ村へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。