まとめて本と雑誌をスキャンしてもらいます。

以前ここで、本を処分する前に電子化しようか、と書きました。テストスキャンをしてもらったところ丁寧にスキャンしてもらいましたのでとても満足な結果です。。しかも、一冊70円ということでした。手元にあるCQ Ham radioというアマチュア無線の雑誌と、その他HAM関係の本を63冊ほどスキャンをお願いします。大晦日ということで、これで積んであった本をきれいさっぱり送り出しました。

しかし、1冊70円というは本当に採算がとれるのでしょうかね。スキャンサービスの雲行きが怪しくなる前に、とっととお願いしてしまいましょう。

雑誌一冊あたり230MBのPDFで帰って来たけれど、これをどう読むかが課題です。後で検索できるようにOCRでテキスト認識もしたいし。持ち運びを考えると何か端末を買った方がいいと思いますが、データサイズが大きくなるので何か考えなければいけません。今のところPCで読むことになります。

テニスは今流行ってるのか?

近くの駐車場があるのですが、その駐車場は100台あまり収容できる大規模なもの。しかし、突然インドアテニスに建て替わるとの告知があった。自分の家の周りには三階建ての狭小住宅が多いのですが、その方々がその駐車場を利用している。したがって、いきなりの告知なので、みなさん次の駐車場を探さなければいけないので大わらわです。中には、車を諦める人も出てきているようです。

ところで、インドアテニスを建てるということなのですが、採算が合うのでしょうか? 周りにはいくつかテニススクールが既にあります。最近はテニスが流行っているのでしょうか? 自分は全くテニスをやらならいのでわかりませんが。

もしかして、テニスコートを作ると見せかけてマンションなんて立ててしまうなんて、土地を持っている地主ならやりそうだ。

最近の読了:フィッシュストーリー

フィッシュストーリー:伊坂幸太郎

うまいなあと感じさせられた。時間の絡み合い。

ただ、最後の話し、登場人物が男か女かわからなかったので迷った。

フィッシュストーリー (新潮文庫)

EOS20DとIXY DIGITALを復帰させる

GR Digital壊れたので、長いレンズ用で使っているEOS20Dと昔使っていたIXY DIGITALを持ち出してきました。

EOS20Dは曲がりなりにも一眼レフですので、シャッターのリズムよく撮っていけます。チビをモデルに撮ってみましたが、表情も変えてたくさん撮ってしまいます。

どうしてなんでしょうね。コンパクトカメラより一眼レフのほうが枚数を撮ってしまいます。シャッターとミラーの音なのでしょうか? それともファインダを通して撮るということなのでしょうか? フイルムの時は枚数を多くなると、現像したときのお金が大変でした。学生時代は、お金がないのでモノクロで自分で現像していましたっけ。

ただ、EOS20Dの問題としては、Windows7に対応していないことです。ドライバがないので、USBのケーブルを直接つなぐことができません。仕方ないので、CFカードをカードリーダー経由で取り込みます。しかし、ファイルサイズが今となっては小さいので、あっという間にインポートできます。この位の画素数でも、大きなプリントをしない限りは大丈夫です。

正月は、EOS20DとIXY DIGITALのキヤノンコンビで乗り切ります。初売りで新しいカメラを買ってしまうかもしれませんが・・・。

GR DIGITALの修理をお願いしておく。

GR Digital壊れたのでとりあえずリコーのホームページから修理をお願いしておく。リコーの修理は2回目だが、リコーからカメラを送るための梱包材が送られてくる。おそらく、年明け以降になるでしょう。

修理代金は、23,100円になると思います。リコーのデジタルカメラの修理料金は明示されているので安心。高いと思うかは、それぞれの人次第。でも、GR DIGITALは壊れやすいのかな?

年賀状がようやくできた。

年賀状がようやくできあがりました。会社の年賀状です。

会社の年賀状は基本的なデザインは毎年同じです。中の文章が毎年変えています。文章は今年のはやりの物事から自分なりの考察を添えて書いています。

住所管理や印刷はクレオの筆まめを使っています。筆まめは宛名を自動的に綺麗に割り当てて印刷してくれるし、住所の入力も至れり尽くせりとても便利です。

筆まめはバージョン15をまだ使っています。いまは21ですので、ずいぶん昔のバージョンです。しかし、15でもとても機能としては満足しています。クレオさんごめんなさい。今度買いますね。

筆まめVer.21 通常版 CD-ROM

筆まめVer.21 アップグレード・乗り換え専用 DVD-ROM

この辺りのソフトはWindowsが一番いいので、Ubuntuとかその他のOSに完全に乗り換えられないのです。

GR Digital壊れた

GR DIGITALが壊れてしまった。誰かが落としたらしい。電源を押してもレンズが出てこない。カメラを振るとカラカラと音がする。年明けにでも修理に出すか・・・。

これは新しいカメラを買えということなんでしょうか。

今年のクリスマスプレゼント

今年の子どもへのクリスマスプレゼントを忘れないうちに書いておきます。あくまでもサンタさんの代理です。我が家は毎年サンタを信じているか確認して、信じていると答えるとプレゼントがやってきます。

さて、まずは上のねえちゃんから。あまりにもペンを持ち方がなっていないので、子供用の万年筆です。何でも向こうでは、初めてペンを持つときに万年筆で練習するらしい(本当か?)。握りの部分が三角形になっていて、指を添えるだけで正しい持ち方になるという。

Pelikan 【ペリカン】 万年筆 ペリカーノ ブルー ペン先F(細字)

彼女は将来物書きになりたいという夢があるそうだから、この万年筆で書いたものを見せてくれるのが楽しみ。

下のチビは、リモコンのヘリコプターです。去年は、リモコンのクルマでしたので、その続き。まあ、父親は欲しかったというのが選んだ理由かもしれません。最初は、下に手をかざすと浮かぶホイールにしようと思いましたが、壊れやすそうでしたのでやめました。実際にこのヘリコプターを操縦すると、かなりおもしろい。なかなか難しいのですが、慣れるとホバリングができるようになります。何回も墜落させましたが、壊れなくて丈夫なのもよい。

ジャイロビー

以上、サンタから届いたクリスマスプレゼントです。繰り返しますが、自分は委託された代理の者です。

昭和32年の都市計画廃止の説明会があるそうだ。

町内会の回覧板に入っていた案内。昭和32年に決まった都市計画が廃止になったので、近くの小学校で説明会を開催するという案内があった。都市計画といっても、計画していた道路が必要なくなったので、もうやめたということらしい。

なんと50年以上前の昔の都市計画が残っていたのか。資料の地図をみると、計画があった道路が載っていた。しかし、その計画の道路にはマンションやら住宅がびっちり建っている。やめた理由が代替の道路があるからということらしいが、もう買収できないだろうな。計画のあるのなら、建てさせなくてもいいのに、やっていないというころは最初から計画は実施されないということなのでしょう。

今は道路を作ってもらってもしかたのないので、説明会は何ももめることなくおわるのでしょう。しかし、それよりも説明会の参加者がいるのかな? いちいち説明会を開かないといけないのは、何か決まりでもあるのでしょうか。

玄関の照明をLED電球に替えてみました。これで一生交換する必要がないかもしれない。

母を歯医者に連れて行くと、歯医者のビルの隣がホームセンターのコーナンでした。そこでコーナンブランドのLED電球が1,500円程度ととても安かったので玄関用に買ってみました。

家を建て替えてから玄関の電球は替えたことがないのでした。20年以上も替えたことがないことになります。白熱電球とLED電球の寿命はサイトで見てみると、

LED電球 4.1W 4万時間
白熱電球 36W 1000時間

と40倍の持つらしいので、単純に玄関のLED電球は、800年以上(?)持つことになります。そんなに玄関の電気を付けることはないので、ほとんど交換することはないのでしょうね。それよりも照明器具のほうが壊れます。もっというと、家が持ちません。

廊下とかの電球も替えたことはありません。白熱電球が切れるというのもあまり経験したことがありません。電気をそんなに付けないせいでしょうか。LED電球は消費電力が少ないという頭になりますので、電気をつけっぱなしにしそうです。といいながらも、着々とLED電球に交換していっています。

コーナンのLED電球は安いけど、書かれている白熱電球の相当のワット数よりも若干暗いような気がします。玄関は、30W相当を3つでしたが、40Wのほうがよかったかもしれません。これからは、ひとつ明るい電球にしましょう。

以前、パナソニックのLED電球も買いましたが、コーナンよりも3倍の値段がしました。同じ30W相当でしたが、白熱電球を変わらない明るさでした。このあたりが値段の差なのでしょうか? 後は照らす範囲が気になります。なるべく広範囲に照らしてほしいのですが、なんだか直下のほうが明るいようです。 場所を選べば、コーナンの安いLED電球でもいいかもしれません。