5丁目通信(仮称)

とある5丁目で活動する還暦間近のWebプログラマーの覚え書きです。それとかかってくる迷惑電話や、家業のアパート経営について。

何だかアマチュア無線の周りが気持ち悪いので、アマチュア無線をやめることにした話し


2008年6月に再開局して2年半ばかり、アマチュア無線をやってきましたが、なんだか楽しくなくなってしまいました。そこでアマチュア無線をやめることにしました。無線従事者免許は一生免許ですのでいつでも復活することができますが。

楽しくなくなった理由として大きいのは日本アマチュア無線協会(JARL)という団体の存在です。なんだかが私の感覚からすると気持ち悪いのです。総会での映像ではふざけて質問している人(それが理事だった)や汚らしいヤジ(何がアマチュア無線は紳士の趣味だ)が流れているのを見たり、内部でゴタゴタがあって臨時総会を開かなければいけない状況になっていたり(一連の流れも理事やその他取り巻きのブログを読んでみると、票集めとか改革するけど本気なのとか、何だかおかしなことが多いのです)、お金がないのに無駄なことをやっていたり(もっとコストカットで経費を圧縮できるのに)、諸々のこと(オープンではないとか、事業計画を読んでも何をしたいのか先が見えない)が積み重なっています。

偉い理事がJARLを気に入らなければやめろという発言(まさか嘘かと思ったら、総会の議事にも載ったので本当に発言したようだ)から、これはJARLをやめた方がいいかなと思いました。アマチュアコードに従ってJARLも行動しているかと思っていました。もっとハムのためにロビー活動もできず、理想とは遠い団体に自分が入っていること自体がウンザリしてしまいました。


アマチュアコード 

 アマチュアは、良き社会人であること

 アマチュアは、健全であること

 アマチュアは、親切であること

 アマチュアは、進歩的であること

 アマチュアは、国際的であること


JARLに所属していなくても、アマチュア無線で交信することはできるのですが、結局はカードの交換というのがつきものです。カードの交換をしなくてもいいのですが、交信というのは相手もいることですので、そうは言っていられません。交換するには直接の交換もできないこともないですが、個人情報保護の昨今からJARLのビューロのサービスが必要です。しかし、これからJARLに継続して入りたくはないということは、自分としては交信することができないという論理に最初にもどってしまうのです。

JARLの存在意義なんて簡単なことなのです。法の下で活動しなければいけない我々ハムの権利を守り、どれだけハムにとって有意義な存在であるかだけなのです。こちらを向いていない既得権益を死守するだけのJARLという団体は私にとって必要ないものですし、前述の理事の発言に沿って考えれば、必要としていない私のような会員はやめなければいけないのです。

もう一つは、QSOBankのメーリングリストのおかしなやり取りも原因かもしれません。この辺りもハムとして最新技術を追っていけない人たちがいたことが驚かされた。インターネット位は、アマチュア無線をやっている人たちにとって簡単なことだろうかと思っていた。このやり取りを見ている限り、とても尊敬できる人だちではない。

こうなると、何も感でもアマチュア無線というのが全て嫌になって気持ち悪くなる。貴重な無線のバンドも不健全なアマチュア無線になぞに与えずに、健全な世の中のためにも返上すればいいいのにとまで思ってしまう。

以上で、こんな趣味ごときで嫌な思いになるくらいでしたら、いっそのことやめてしまおうと結論になりました(嫌な思いと言えば今の政府もそうですが、こればかりは日本人をやめる訳にはいけませんので)。今まで出してなかったQSLカードはすべて送っています。では、これでしばらく閉局です。

あと、最後に言いたいことと言えば、こんなくだらないことをやっているのであれば、アマチュア無線やランセンスフリーの無線で占有している周波数の返上してしまえ、ということでしょうか。こんなヤツらのために貴重な電波を使わせるなと言うことです。周波数は国民の財産として、もっと有効に活用してもらいたいものです。

それと防災でアマチュア無線の活用とかよく言われますけど、これは誰でも使える(これが大事)デジタル簡易無線のほうがいいのではないかと思います。余程の致命的な被害ではない限りではない限りは、携帯電話が復旧するのを待ったほうが現実的です。不特定多数に呼びかけるとかは災害の始めのとかで、むしろ非常時はアマチュア無線の人たちは交信やめて黙ってろ、というが正しいかもしれません。それよりも、非常時は電源の確保、バッテリーの常備、行政と市民との連絡網の整備などを薦めます。単純に防災のことで、アマチュア無線に結びつけるのはやめましょう。

そう言えば、今のJARLの会長はカード交換したときのメールアドレスを使って会長選のためだけにダイレクトメールを送ってきた。メールでそのことを指摘して何度かやり合ったけど、あまり個人情報保護なんて関係ないとか言っていた人物だったな。

電波を出すには必ずアマチュア無線の国家資格が必要です。電波法令を守って楽しみましょう。

続きはこちらから


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。