5丁目通信(仮称)

とある5丁目で活動する還暦間近のWebプログラマーの覚え書きです。それとかかってくる迷惑電話や、家業のアパート経営について。

今日も町内会への高飛車なクレーム電話が入った話し。それに負けずに高圧的な応対をしてあげた話し。


今日も町内会へのクレームの電話があった。ものすごく怒った婆さんからだった。町内会の電話をとると、大抵はお怒りの電話なのよね。最初から落ち着いて電話をしてくれるのであれば、こちらも何とかしてあげようと思うけど、最初からお怒りモードだったら、それ相当の対応しかしてあげない。

電話の内容は移設した街灯の向きが悪いってさ。町会長のツレからは、街灯を移設する届けを市の方に提出したという話しを聞いていた。町内会員の街灯に関しての要望を、町内会でまとめて届けを出さないといけないという市の謎ルールなので、形式上町内会が届けただけである。街灯の所有者は市なのであって、町内会は街灯に関しては切れたかとかの報告くらいで関係ない。しかも市の予算は少ないので、町内会が街灯の増設を依頼しても、ほぼ通らないそうな。街灯の移設でも数ヶ月かかるそうな。これも、悪しきふるさと納税制度が原因なのか。

町内会費を納めないと街灯を消すとか以前問題になったけど、そんなことは町内会でできるはずもない。なんてもかんでも町内会をやるもんだと思い込んでいる婆さんからのクレームだった。

最初から喧嘩腰のクレームで、対応の至急、至急を繰り返し言われても困るわな。こちらもそのお怒りに被せて、うるせー黙れの高圧的に対応してあげたら、婆さんは何も言わなくなった。婆さんが黙ってから、会長に対応の連絡するから待て、と言っておいた。それでも会長はいつ対応してくれるのかとか言い出すので、黙って待ってろ、と今度こそ黙らせた。

町内会の役員への要望は、上から物申せば通るって思い込んでいる輩が少なからずいる。こちとら、ただの町内会員で役員でもなんでもない電話番だから、そうは問屋が卸さないのある。町内会の電話を取る私のおかげで、会長のツレの評判が悪くなって、やりたくないような会長職を下ろしてもらえば、通常の平和な生活が戻るので、それもいいと思っている。

後でツレと話しを聞いてみると、クレームが入った街灯の道路は私道なのであった。理由がわからないけど、どういう訳か市が私道の街灯を設置してしまったようなのである。もし、これを市の方に話しを持ち込んだら、そんなにうるさいクレーマーの婆さんであれば撤去するから私道の所有者で新しく街灯を付けてくれなんて話になりそうだな。たまたま市が街灯を只で付けてくれているから(電気料金も)、ありがたいと思わなければいけないぞ。

所有するアパートの前の道路が私道だったので、市は不当投棄のゴミを引き取ってくれないし、道路が傷んでも私道の所有者がお金を出し合って修繕することになっていた。

市も財政が厳しいのならば、私道に設置している街灯がこれ以外にもたくさんあるはずだから、見直して撤去するか私道の所有者に電気料金を払わすくらいのことをしないといけないのかもしれない。

続きはこちらから

ブログランキング・にほんブログ村へ

“今日も町内会への高飛車なクレーム電話が入った話し。それに負けずに高圧的な応対をしてあげた話し。” への2件のフィードバック

  1. […] 今日も町内会への高飛車なクレーム電話が入った話し。それに負けずに高圧的な対応をした話し。 […]

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。