地震の被害のため保険請求手続きで保険代理店に連絡した話し

7日の地震でアパート2階通路下の石膏ボードが落ちました。石膏ボードは床に粉々になって落ちていました。いつものように試しに保険を請求してみます。台風、地震の後は、建物に被害が出ていないかを調べに行きます。

写真を送って手続きをして、保険金が出ればラッキーくらいで考えています。大抵は、経年劣化で保険請求に該当しないというのがオチなんですが、それでもめげずに請求します。

契約している火災保険は、最近は審査がなかなか厳しいようです。大きな火事が万が一にあったときに備えての保険を考えた方がよろしいようです。一応は火事以外の条件でも加入しているのですが、経年劣化と言われてしまうと、条件を見直すか、そもそもその保険会社を見直した方がいい時期に来ているかもしれません。掛け金の数十万もアパート経営には痛い出費です。

アパート経営なんてやめておけ

アパートオーナーより

ここから無駄話です(ここで閑話休題と書くと、今までの話しが無駄話になるのね)。

それにしても、地震や台風の後には、一斉メールでもいいから、保険会社か保険代理店から、安否確認の連絡を入れてもバチがあたらないかと思うけど、保険請求を一斉にされると困るからかな。

あとは、何かあっても保険請求の手続きが面倒だからやらないとか、そもそも自分が契約した保険が請求ができると知らない人も多いのではないかな。実は契約では保険金が出るのに、請求しないのでもらわないので、支払わなければならない保険金は本当は大きな金額になっているかもしれない。保険金は請求主義になっているからということかしらね。だから、保険会社の本社にあんなに立派なビルを建てることができるのかと勘ぐるよね。それと、毎回契約金が値上げしているしね。保険何で、契約した後はしばらくすると契約内容なんて覚えていないし、そもそも契約した保険自体を忘れてしまうこともあるよね。保険の不払いというけど、保険会社が払わないことも問題だけど、請求しないことも大きいのではないかな。

追記

保険会社から、査定をするから立ち会え、と連絡があった。現地まで往復2時間、立会で1時間だから3時間も時間を取られる。それで保険は出ませんと言われたら凹むな。勝手にアパートの敷地に入っていいから査定をしておいてくれないものかな。査定の日時は連絡から2週間後だし、そんな手間かけてどうするのだろう。

査定が終わるまで修理ができない。穴が空いたままである。ハクビシンでも住み着かなければいいけどな。

Related posts