ESTARTって知らないアプリケーションが勝手にインストールされていたので削除した話し

普段あまり使っていないThinkPadのノートPCですが、起動したらESTARTという見知らぬアプリケーションが起動してきた。

こんな感じのダイアログがWindows10が起動するたびに出てくる。

おそらくこのThinkPadは娘に大学のWeb授業で使うときに貸したので、何かのソフトをインストールしたときに勝手にインストールされてきたのだろうな。

とりあえず、Windowws10の「」ー「アプリ」からESTART関係のアプリ2つをアンインストールしてしまう。

昔は、J-WORDとかavastとかノートンとか、勝手にインストールされるソフトがありましたが、いまだにこんなことしているのでしょうね。

みなさんもお気をつけを。

一番左のWindows10のパッケージを実際に購入しましたが、問題なくインストールできました。Windowsは使うPCの分だけ正しくライセンスを購入しましょう。

追記

娘が何かソフトをインストールしたと書きましたが、原因は自分でした。インストールした日付を見るとCubePDF Utilityを同じ日にインストールしていました。CubePDF Utilityと一緒にESTARTが勝手にインストールされるようです。CubePDFをインストールするときに気を付けないないといけないでしょうね。

しかし、アプリ一覧からESTART アップデートセンターが消えなくなりました。既にプログラムは削除されているのですが、実害がないから放っておきましょうか。

エラー表示から、ESTARTはJ-WORDに名前を変えただけじゃねえかよ、ということでしたわ。

追記2

ESTART アップデートセンターがそのまま残っているのは悔しいので、何とか削除してみます。やり方は単純で、再度CubePDF UtilityをインストールしてわざとESTARTをインストールさせます。後は普通に「設定」ー「アプリ」からESTARTをアンインストールすると無事に削除できました。

CubePDF Utilityをインストールする途中で以下のようなダイアログができてきます。この中の「利用許諾に同意してインストールする」にチェックするとESTARTがインストールされてしまうようです。

デフォルトがオフなので、オンにして次へボタンを押したということになるので、いかにインストールしているときに画面を読んでいないというのがわかります。