5丁目通信(仮称)

とある5丁目で活動する還暦間近のWebプログラマーの覚え書きです。それとかかってくる迷惑電話や、家業のアパート経営について。

ATOKをバージョンアップしたらChrome上(Edgeも)で文節区切りの表示ができない障害が直っていた話し


こちらの話しの続きです。

ジャストシステムのATOK for Windowsのアップデートの記事が出ていました。

以前から問題であったATOKでChrome上(Edgeも)で文節区切りの表示ができない障害が、今回のバージョンアップで修正されていました。

これでまだまだATOKを使っていけそうです。Androidのスマートフォンは、Google日本語入力のGodanキーボードに慣れてしまったのでATOKはやめてしまいました。Godanキーボードは楽チンです。

結局のところ、ChromeでのATOKの変換文字色は水色の背景色は無視されるようです。Chromeでの入力は無理やりアンダーバーの太線細線で文節区切りを表示しているようです。ATOK表示色カスタマイズはChrome上では有効になりません。

これはこれで文節区切りがわからないよりは、よろしいかと思います。ジャストシステムさん、修正していただき、ありがとうございます。

開発中止になったら困るから、みんなもATOKを買いなさいよ。

ATOKユーザーより

なんやかんや言いながらも、40年の歴史があるせいか漢字変換はATOKが一番賢い。いつでも最新版(毎年ATOKはバージョンアップにしてくれる)になるので月額課金のATOK PASSPORTにライセンスは集約されている。これ以上、ATOKが重くなくなればいいけど。ATOKが開発終了にならないためにも、皆さんATOKを買っておくれ。

,

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。