ツレの実家にアマゾンのEcho Show8を設置して、アレクサのコールを設定した話し

ツレが実家にEcho Show8を持って行って設置しに行きました。私は、接続確認のため、自宅で待機です。

まずは、実家のWI-fiに接続します。ツレの実家はケーブルテレビのインターネットにつながっています。昔、こちらからWi-fiのアクセスポイントを持っていきましたので、Wi-fi環境があります。Echo ShowのWi-fiの設定は、Echo Show本体から設定できます。

とりあえずここで接続テストをします。結果は、問題なく通話できます。

次は、Echo Showのアカウントに紐付いている携帯電話番号を切り替えます。息子の携帯電話番号を、実家の母の携帯電話番号にします。 Alexaアプリのマイプロフィールで携帯電話番号を変更しようとすると、カスタマーサービスに連絡しないといけないようです。

わざわざアマゾンのカスタマーサービスの手をわずらわすこともないので、いい方法がないかと調べたら、以下のサイトを見つけました。

EchoSpotのビデオ通話認証で違う携帯番号を設定する

Qiita

アマゾンのサイトから携帯電話の番号を変更できるそうです。早速やってみました。

アマゾンのサイトにログインして、「アカウントサービス」のページに入って、「ログインとセキュリティ」に行って携帯電話番号を変更します。これだけで他の連絡先を変更せずに通話できました。

途中、Echo Showの場所決めでコンセントの抜き差しをしたら、向こうからの通話の声が聞こえなりました。一旦、Echo Showの電源をコンセントから1分ほど抜きたままして、再度コンセントを電源を差したら直りました。原因は不明です。

以上、無事にツレの実家にEcho Show8の設置できて、通話ができるようになりました。実は、実家の高齢者にとっては、Amazon Musicの演歌が流れるのが、うれしかったようです。

あと、カメラの方向を調整できないのでスタンドが必要のようです。しかし、そのスタンドがとんでもなく高い。しかも、8のほうは入荷待ち。