0120のフリーダイヤルでNTTから電話がかかって来たけど、やはりセールス電話をして来た不動産屋はウソをついていた話し

こちらの話しの続き

電話機がフリーダイヤルの着信拒否の設定をしているから電話には出ない。電話機がアナウンスをしてくれるはず。セールス電話は大抵発信者番号無しかフリーダイヤルで電話をかけてくるので、電話機で着信拒否している。これでだいぶセールス電話は減っていく。

気になって着信した電話番号をGoogleさんに聞いたらNTTからだった。昨日、104と電話帳の登録について問い合わせをしていた。受付番号も発行されていないし、こちらから電話をして、電話をした担当者を探してもらうのもNTTにも迷惑をかかるしということで再度フリーダイヤル以外の番号でかけてくるまで待っておこう。

View this post on Google+

以上の左の商品は来客を知らせるピンポンを鳴らして迷惑電話を遮るだけのアイディア商品である。右2つの迷惑電話撃退の商品は、電話機に接続して着信番号を表示するのでナンバーディスプレイの契約が必要のはず。高齢者への詐欺電話を防止するためにも、NTTはナンバーディスプレイを無料で提供すればいいのにと本当に思う。携帯電話は無料で着信番号表示をしているので固定電話でもできるはず。だったら、高齢者もスマートフォンを持たせるべきか悩むところだが、今までの電話番号を使えなくなるのは不便であるし。携帯電話の回線を使った固定電話のように使えるサービスがあるが、なぜか番号表示は有料のサービスになっているのは不思議なのである。発信者通知は迷惑電話をかけてくる輩は嫌がるので、ナンバーディスプレイは本当に迷惑電話防止になる。ナンバーディスプレイに契約して対応した電話機ならば、発信者番号を通知しない詐欺電話は非通知になって拒否されるので安心である。これで詐欺電話は随分と減るので、ナンバーディスプレイはお薦めなのである。

追記

と、書いたら再度フリーダイヤルの番号でNTTから電話がかかって来た。着信拒否を電話機がする前にとってしまう。

電話に出た人はどうしてフリーダイヤルを着信拒否しているか理解できていないようだ。そこから説明する。フリーダイヤル以外の番号から連絡をできないからということでで、こちらからフリーダイヤルに電話しないといけないようなことを言われた。あと、こちらの本人確認ですったもんだで時間がかかる。

さて、肝心の電話帳に登録されているかの件は、ひかり電話のマイナンバーで登録されている、すべての電話番号は電話帳には登録されていないことを確認できた。再度電話帳登録を復活されてもいないとのこと。そして104の電話番号案内はできないとのことだった。

ということは、熊臭とかいう不動産屋はうそ言ったことになる。最初から電話帳CD-ROMとか怪しい電話帳サイトで調べたとか言ったらいいのに。正直に商売をしなければいけないぞ。