怪しくない名簿から電話したそうで、本当のことを言わないセールス電話があった話し

今日は熊臭とかいう不動産屋から電話があった。こちらの情報はあまり知らずに電話だけしてきたみたい。住んでいる土地を売って欲しいと言われてしまった。おいおい、売ったらどこに住めばいいのよ。

さて、いつものごどく、どこから電話番号を知ったかを聞くと、法務局で調べて名前と住所で電話帳から電話番号を調べたと言われた。紙の電話帳には10年以上前にNTTに言って削除してもらっている。おそらく売られている電話帳データベースを買ったのだろうな。電話帳データベースは削除依頼してしても何もやってくれなかったから、もう削除を諦めている。

意地悪で、「実は県警のほうからうちの電話番号は犯罪で押収されたる名簿に載っているらしいけど(半分事実だけど)、もしかしたらその名簿から電話しているの?」と言ってみたら、「怪しくない名簿から電話している。」と言われた。

じゃあ、電話帳って話しはウソじゃないの。「本当?」って突っ込んでみたら、「新人だからわからない。」と言われた。「新人なんて関係ないじゃない。実は怪しい名簿から電話しているのではないの?」と言ったら、「そうかもしれない。」と言われてしまった。

「じゃあ、県警のほうに言っておくね。」と言っておいたら電話を切られた。仕方ないので、県警の方角(おそらく南方向)で言っておいたわ。

そろそろセールス電話面倒くさいリストに載ってくれないか。そうすればセールス電話がかかってこないのに。

以上の左の商品は来客を知らせるピンポンを鳴らして迷惑電話を遮るだけのアイディア商品である。右2つの迷惑電話撃退の商品は、電話機に接続して着信番号を表示するのでナンバーディスプレイの契約が必要のはず。高齢者への詐欺電話を防止するためにも、NTTはナンバーディスプレイを無料で提供すればいいのにと本当に思う。携帯電話は無料で着信番号表示をしているので固定電話でもできるはず。だったら、高齢者もスマートフォンを持たせるべきか悩むところだが、今までの電話番号を使えなくなるのは不便であるし。携帯電話の回線を使った固定電話のように使えるサービスがあるが、なぜか番号表示は有料のサービスになっているのは不思議なのである。発信者通知は迷惑電話をかけてくる輩は嫌がるので、ナンバーディスプレイは本当に迷惑電話防止になる。ナンバーディスプレイに契約して対応した電話機ならば、発信者番号を通知しない詐欺電話は非通知になって拒否されるので安心である。これで詐欺電話は随分と減るので、ナンバーディスプレイはお薦めなのである。

続きはこちらから