アラジンストーブ ブルーフレームヒーターを普通の人にはお勧めしない理由

この時期はアラジンストーブの記事のアクセスが増えるようなので、アラジンストーブの使い勝手、特に普通の人にお勧めしない理由などを書いておきます。

  • アラジンストーブは入る灯油の量が少ない。点けっぱなしにして1日持つかどうか。毎日給油が必要。
  • 灯油タンクなんてないから灯油を入れるのは面倒。灯油のポリタンクを持ってくるのも重いので、下に貼っているプラスチックのじょうごを使っている。
  • ファンヒーターと違って温度のコントロールはできないので燃費が悪い。
  • ある程度の広さの部屋で使ったほうがよい。狭いと一酸化炭素中毒になりそう。換気警告機能なんてないし。一酸化炭素センサーを天井に取り付けた。もちろん火災報知器も。
  • ヤカンをかけられるのでいつでもお湯が沸かせる。しかもすぐに湧くので空焚き注意。
  • 電気が必要ないので、万が一の停電でも大丈夫だけど、アラジンストーブを買ってから停電はない。
  • 鍋をかけて煮炊きができる。ただし火力の調節はできないけど。焼き芋はおいしいよ。
  • 灯油がなくなったら勝手に消えるけど、芯にはよくないし臭くなるので注意。

石油ファンヒーターよりも手間がかかるし灯油代もかかるので、アラジンストーブは普通の人にはお勧めしない。石油ファンヒーターのほうがすぐに暖かくなるし安全だしね。ちなみにアラジンの石油ファンヒーターも持っている。

じゃあ、何でアラジンのストーブを使っているかって? それは青い炎が好きだからさ・・。

投稿者:

avatar

ando

50過ぎてもプログラマーの気持ちを忘れない。