神奈川県警振り込め詐欺注意喚起の電話があったけど

神奈川県警から委託されたそうで、知らないところから振り込め詐欺注意喚起の電話があった。そもそも振り込め詐欺って知らない人からまず電話があってということだから、この神奈川県警からの注意喚起って詐欺グループと同じ手口なのよね。

しかも、どこかからこの電話番号を電話しているかと聞いたら、番号順に電話しているのではなく、神奈川県警が押収した名簿からって言われてしまった。ということは、この電話番号(母の電話だけど)は詐欺グループに既に渡っているということなのね。電話をかけてくるときにこちらが名乗る前に言われてしまったので、しっかり名前も載っているようだ。これはイヤなことを聞いてしまったな。その辺突っ込んで聞いてみたら県警本部に聞いてくれって言われた。電話番号を言い出すので、その電話番号にかけると偽のグループが出てきて・・・。そこまで心配しなければいけないのか。

電話をかけてきた人には、「本当に神奈川県警からの注意喚起かどうか電話だけではわからないじゃない、こうやってあなたと電話しているのは危ないことではないか?」と聞いたら、「そうですね。電話に出ないことが一番」と言われてしまった。疑いだしたら、すべて怪しくなる。

知らない電話は出ないことが一番なんだけど、ナンバーディスプレイの契約がないと、そんなことわからないわな。うちのばあさんも、知らない人からの電話をきっかけに詐欺に引っかかったから、まずは詐欺の入口となる電話には気を付けた方がいいと思うわ。だから、固定電話にこそナンバーディスプレイは必要。NTTは無料でナンバーディスプレイを付けてあればいいと切に思う。

でも、こんな注意喚起の方法をやっいて神奈川県警は大丈夫か? 欺されやすい人の名簿を外部の会社に渡してしまっているしな。電話番号を削除してもらうようにお願いしたけど、もう手遅れなんだろうな・・・。

“神奈川県警振り込め詐欺注意喚起の電話があったけど” への2件の返信

  1. 区の消費生活推進員をやっているツレにこのことを言ったら、ナンバーディスプレイに表示されている番号だって偽装できるので安心できないって言われた。消費生活の会合で、ナンバーディスプレイ偽装の詐欺事案が出てきたそうだ。どうやっているのかわからないけど。

    高齢者には、すぐ電話をとらずに留守電にしておけっていうことらしい。面倒な世の中になったものだ・・・。

コメントを残す