Windows ServerにGit Pushで自動デプロイの設定をしてみた

この記事の通りに、Windows ServerにBitbucket経由で自動デプロイの設定をしてみたが、なかなかうまく行かない。2日悩んだ。

gitのレポジトリの認証の問題。IISはiis_userでBitbucketにアクセスするのだけど、SSHの秘密キーはどこに置くかわからなかった。この記事を読んでそのまま動かしている人はいるのかな。結局は、sshでの認証をやめて違う方法にしたら、うまく自動デプロイできるようになった。おかげでgitのプロトコルとか認証とかが理解できてしまったわ。

GitHubにこの記事を書いた人がソースを載っけていたど、オリジナルの記事(http://goo.gl/zuVDy)を見つけた。最初からオリジナルの記事を読んでもよかったみたい。ほぼコピペ。自分もコピペ。

調べている途中で、Googleさんにいろいろと尋ねると、同じ内容のサイトが見つかるのは気になるな。とあるサービスがその傾向が高いな。どれがオリジナルのだか? だったら、オリジナルへのリンクで、差分を書けばいいのにと思うけど。

Bitbucket や GitHub で自動デプロイするためのサンプル PHP スクリプトを拾って改造してみた – アルケミスタの住人
Tweet GitHub や Bitbucket などの Git ホスティングサービスの Hook や Webhook サービスを使って、Git に Push した時、自動的にサーバー側で最新版の master ブランチ …