IEの保護モード

お客さんのサーバーにアクセスするのに、VPN経由でIEのActive-Xでアクセスする必要がある。今までこのActive-XのおかげでWindows10にバージョンアップできないと思い込んでいた。

そういえば、8にしてIEを11にアップグレードしてしまったけど接続できていた。しかし、別のWindows10のIE11ではActive-Xが起動できないので、10 からはアクセスできないと思っていた。お客さんのところのシステムの人に相談したけど、10 にはアップグレードしないでね、と言われていたのでWindows10 にせずに放っておいた。

しかし、今日時間があったので、Windows8と10のIEの設定の違いを比べてみたら、「ツール」-「インターネットオプション」の「セキュリティ」のところで、「インターネット」の保護モードがチェックが外れていた。保護モードにチェックをされているとVPNのActive-Xが起動できないようだ。

でも、保護モードがチェックされていないと危ないと思っていたら、「信頼済みサイト」にお客さんのサイトを追加すればよかった。

このことをずっと思い込んでいて解決できないとおもっていたので、ようやく解決した。これでWindows10にアップグレードできる。

しかしながら、これからIEがActive-Xのサポートが終わったらどうするのかな。 お客さんのVPNのサービスを変更してくれるのかな。